スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のお気に入り

何となく、久しぶりに軽い飲食系のお話でも。最近のお気に入りを飲食から一つずつ、コーヒーとお茶漬けについて語ってみます(笑)。


・コーヒー:Nespresso Inissia C40

家でも美味しいカフェラテが飲みたいなぁ〜、などとぼんやり考えていた今日この頃。そんな時、ふらっと入った家電店でこの商品のデモが行われていて、エスプレッソを飲んでみたらまずまずの味で(偉そうな感想ですが)、お値段も六千円ほどでカプセルも16個付いてくると聞いたので、深く考えずその場で購入しました。

さて、持って帰ってみて困ったのは、牛乳との分量比が分からない。まぁ適当だと作動させてみると、思った以上に動作音がうるさくて、深夜にやること山積み状態で睡魔に負けそうなシチュエーションで使うには難しいかも、と少し落胆。それでも機械の操作が思った以上に簡単なので少し安心して、抽出したエスプレッソを別に用意した氷と牛乳入りのグラスに入れて一口。う〜ん、微妙。。。ちょっと早まったかな?という感想で初日を終えました。

そのまま数日放置していたのですが、せっかく買ったのだしカプセルを補充がてら店員さんに相談してみるかと、週末にネスレのお店に出掛けました。とはいえ面と向かって味がイマイチとは言えず、適当にカプセル選択の相談に乗って貰いながら、お店の方に作って貰ったカフェラテを試飲することに。おもむろに一口。う〜ん、微妙。。。やっぱり早まったかな??という感想でお店を出ました。

さて、家に帰ってきて、自分で作ったものと試飲させて貰ったものと味の共通点を思い出していたところ、もしかして氷が悪いのではないか?と思い至ったので早速実験に入ります。

まずは下準備。使用するガラス容器を冷凍庫に放り込んでしばし待ちます。今回はモロゾフのプリン大の容器を再利用しました。待ち時間の最中に思い立って、牛乳も冷凍庫に突っ込んでみました。

次によく冷えたグラスを冷凍庫から取り出し、ほどよく冷えた牛乳をグラスに半分ほど注いで機械の前へ。抽出作業は既に手慣れたもので、では一口。お、結構いいかも!ごくごく、ぷはぁ〜。ごちそうさまでした。

そんなわけで、今やすっかり分量も把握して、家でもカフェラテを楽しめるようになりました。味としては、美味しい珈琲屋さんで出る逸品には劣るものの、下手な安物よりは美味しいと思います。良くない変化としては、外でカフェラテを頼んだ時に、物足りなさ(特に水っぽさ)を感じる事が多くなりました。

そういえば、何も考えずに購入と書きましたが、さすがに店員さんとはそれなりに話をしました。その中で購入の決め手になったのは、より上位の機能の豊富な商品でもこの商品でも、抽出という機能自体は変わらない(構造が同じ)と教えて頂いた事でした。そして、抽出以外の機能がない事が、逆に手入れという点でも機械の大きさという点でも我が家にとっては利点になるなと思ったのも大きかったです。

逆に欠点としては、専用のカプセルしか使用できない構造なのですが、そのカプセルを購入するのが少し面倒です。ネスレのお店が近くにあれば大丈夫ですが(大阪なら心斎橋の直営店や梅田の阪急百貨店、京都なら高島屋や伊勢丹など)、ネット注文だと50カプセル以上の注文しか受け付けていないのが残念なところ。カプセルのお値段も70〜80円と、気になる人は気になるかもしれません。この辺りが機械の普及や営業努力によって改善されるよう願っています。


・お茶漬け:出汁茶漬け

そもそもの始まりは、お中元やお歳暮で頂く出汁の素が我が家で余り気味で、それを何とか消費できないかと考えたのが発端でした。作り方は単純です。

用意する物。必須:出汁、冷凍or冷や御飯、刻み海苔、胡麻など。お好みで:梅干し、鮭フレーク、刻み葱、その他残り物など。面倒なら市販のお茶漬けの素でも良いと思います。

で、しばらくは「出汁で作ると美味しいなぁ〜」などと満足していたのですが、ふと思い立って朝に味噌汁を作る際などに出汁を多めに取ってすかさず冷まして冷蔵、それで夜に作ってみるとやっぱり美味しい。お気に入りの出汁パックで作ったという心理的な贔屓目もありそうですが、それ以後は冷蔵庫の中に出汁の在庫を欠かさないようになりました。

というわけで、当初の問題点が結局解決せぬまま再浮上した形になりましたが(苦笑)、お茶漬けが美味しいので何でもいいやという心境に落ち着いた今日この頃なのでした。


以上、今日はこれにて。


スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。