ブックストア談・京都店、閉店。

久しぶりに四条通を歩いてみたら、書店があるはずの場所に記憶とはおよそ違った風体のお店が出現していたので、例によって過ぎ去った過去を振り返って記録しておきます。

一応、正確に言うとタイトルには少し誤りがあるのですが、個人的な受け止め方としては表題通りなので、詳しくは追々という事で。また、京都には馴染みがあるのに書店の名前は記憶に無いという方には、ジュンク堂から西にすぐの、漫画の多い書店と言えば判って頂けるのではないかと。住所としては、四条通柳馬場東入になります。

ついでに、JR新大阪駅の構内にある書店が確かブックストア談だったと思います。新幹線待ちの際に寄りやすいお店なので今もなお健在だと期待したいですが、世知辛い世の中では確実に断言できないのが辛いところですね。。


さて、まずは閉店の経緯から。公式ページから引用すると、「関西初出店となるアニメガ京都店。旧ブックストア談京都店を全面リニューアル。(略)3階部分と2階一部がアニメガとしてオープン。今までのコミック館時代の専門性はさらにパワーアップ!さらにCD・DVD、キャラクターグッズコーナーも導入し、アニメファン、声優ファンの方も楽しんで頂ける売場になってます。」との事。文教堂系列なのは変わらず継続性もあるだけに、閉店と呼ぶのは間違っている気もしますが、何と言うかなぁ。。。

漫画以外の商品も大量に購入してくれる熱烈な方々をターゲットにする方が、或いは採算性としては良いのかもしれません。しかし、自分のように漫画以外のグッズには興味がない層にとっては、今まで2階3階がほぼ全てコミックスだったのに、色々と余計な物が増えて床面積は減って、それでも行きたいと思えるか?と問われると、正直微妙な感じであります。自分にとって昔馴染みだったあの書店は、もう無いのだな、と思ってしまうのです。

そうでなくとも最近の漫画は、書店ごとに違ったペーパーが付いていたり、微妙なおまけ付きの限定版が目立って増えて来たり、映画に行くと貰えるコミックス0巻が登場したり。そのくせ、数年前の作品が大きなコミック専門店ですら入手しにくい状況で、例えば最新作で興味を覚えた描き手の過去の作品に遡りたい時に、通販以外で気楽に巡り逢うには、古書店や漫画喫茶に行くしかないのが現状です。

雑誌や一般書籍の売上げが酷く落ち込む中で、それでも音楽業界に比べてマシに思えるのは漫画やライトノベルが収入を下支えしているから……という話ですが、こうした傾向が続くようだと、現在売れ筋の作品群が完結した後に悲惨な未来を迎える事になるのではないかな?とか余計なお節介を言いたくもなりますが。。どうも話が広がりすぎたので、書店の話に戻して。


ここで、ブックストア談・京都店の歴史を簡単に振り返ってみましょう。自分が知る限りの事しか書けないので知識の偏りがあるとは思いますが、その点は毎回の事ですのでご容赦下さいませ。

さて、振り返ってみて、昭和の終わりから漫画を売りにしていた書店というと、本店と今は亡き駸々堂書店を思い出します。個人的には、駸々堂+漫画というと河原町通を三条から北上した朝日会館二階のコミックランドの方をより懐かしく思い出しますが、あちらは平成5年にオープンしたもので、80年代から漫画を売りにしていたのは河原町店の方です。

本店の歴史は、並びにあるジュンク堂書店・京都店よりも古く、後者のオープンは昭和63年の事でした。以前の日記で取り上げ事項の偏った年表を書きましたが、教養を重視する風が廃れつつあったとはいえ古き良き時代と言って良く、特に本店にとっては80年代サブカルの盛り上がりなどが大きな後押しとなって売上げに結びついたのではないかと思います。書店としてライバルになり得るジュンク堂が漫画を扱っていない事もあり、人文系の書籍は最低限で漫画に注力するという方針がより明確になった時期だったのではないかと思います。

個人的には、1階に一般書籍や雑誌・文庫、2階に漫画という本店の構成は、漫画を購入する環境として望ましいものでした。というのも、漫画に対する偏見はなかったものの、「漫画はいつか卒業するもの」「いい大人が漫画を読むものではない」という教育を受けて来ただけに、そして同級生同士の見栄の張り合いという要素も手伝って、完全な漫画専門店は少々敷居が高かったのです。書店の界隈で知り合いと遭遇する可能性は、大量消費の時代と謳われながらも今と比べると遙かに娯楽の少なかった当時、決して少ないものではありませんでした。なお、漫画からの卒業は、今まで何度か試みたもののことごとく失敗して今に至るのは、まぁご愛敬という事で(苦笑)。

当時は3階にアニメのお店(アニメイト?)が入居していて、それが別の場所に移転した後には模型のお店?が入りました。これが確か世紀が変わる少し前辺り。そして今世紀に入って、3階にまで漫画売り場を広げ、地下1階にプラモのお店が入居して、その構成で昨年の12月上旬まで営業していました。その後のリニューアルオープンの話は、既に書いた通りです。

最近は四条界隈に足を運ぶ事も少なくなりましたが、それでも出向いた時には、買いそびれていたコミックスなどを(昔からの応援の気持ちで)何冊かまとめて購入していただけに、今回の閉店は寂しい話だなと、そんな感じです。


なお、最近は京都BALの地下でジュンク堂がコミックスを大規模に扱っていますが、こちらもビルの建て替えでいったん全て閉店となるらしく。更に、河原町通沿いという立地故に工事時間が限定され、そのため工期が普通よりも長く掛かるらしく。大阪の旭屋書店もそうですが、長期間の休店後にどれだけ客が戻って来るかは出版業界の斜陽傾向もあって何とも言えないだけに難しいところですが、何とか頑張って欲しいものです。

その他、書店絡みの話題としては、阪急がブックファーストをトーハンに売却するそうで。話の流れ的には、かつての駸々堂の店舗を引き継いだ梅田コミックランドがどうなるか気になるところですが、阪急さんが書店を見切ったという事実もなかなか切ないものです。。


最後まで不景気な話を脱する事が出来ませんでしたが、時代の流れとして仕方がないですね。。
以上、今日はこれにて。

テーマ : 京都からこんにちは! - ジャンル : 地域情報

明けまして

既に100時間近くが過ぎようとしていますが、今年も宜しくお願いします。
年明け早々という事で、今日は発掘した写真などを軽く紹介して、年初の挨拶に代えさせて頂きます。


抹茶レアチーズ

とうふまんじゅう

二枚の写真は、いずれも昨年の紅葉シーズン終盤に、清水付近で撮ったものです。

まず一枚目は、抹茶レアチーズケーキが有名な「天」の店内を展覧しております。
このお店に入った時にBGMでBeach Boysの"God Only Knows"が流れていて、そのままアルバムの曲順に"Caroline, No"に至った後、さて次は何が来るかと身構えていたら1曲目の"Wouldn't It Be Nice"のイントロが流れ出して嬉しかった記憶があります。もしも"Good Vibrations"だったとしてもPet Sounds Tourを思い出して嬉しがっていたような気もしますが。。写真のセットを頬張りながら、久しぶりにアルバムを一回り聴いてお店を後にしたのでした。

二枚目は、二年坂を下りる途中で買い食いしたとうふまんじゅう。頼むのが一つだけでも嫌な顔せず、お茶まで付けてくれます。当日はまるで初詣のような賑わいで、なかなか先に進まない人混みを眺めながら、ほっこり温まったのでした。


・参考

総本家 ゆどうふ 奥丹清水



では、今日はこれにて。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記