パラグアイ戦

前後半90分に延長30分、更にはPK戦まで、戦い抜いた選手やスタッフ、それに応援していた方々、お疲れ様でした。


印象としては、岡田さんの真骨頂が、最後に裏目に出たかなと思いました。贅沢を言えば、120分で失点をしない戦いではなく、90分で1点を取るプランを試みて欲しかったところですが。。芝の状態やら審判の判定やらでお互いにアクシデントが起きやすい状況にもかかわらず、無失点という結果を残した選手の頑張りを褒めるべきなのでしょう。


4試合を通して、ピッチの中で問題点を認識して修正に動き改善させる事に成功させかつ極力体力消費を抑えるという頭が痛くなるような事をやってのけた遠藤。流れが悪い状況を敏感に感じ取り、前を向いて決定的かつ印象的なプレイで会場の雰囲気を変え続けた松井。やっぱり自分は彼らのような選手が好きだなと思いました。

そして、本田を始め両センターバックや長友といった個の力をチームの中で上手く活かし、その他の選手たちも持ち味と使われ方とが上手くマッチしていて、ここで終わってしまうのが残念なチームでした。


今回の大会で得た事は、「日本は一対一で勝てないから集団で」という考え方ではなく、「一対一で戦える」という事を示し、更に「集団なら更に倍」という姿を示してくれた事ではないかと思います。

つまり、ポゼッションとかカウンターといった手段ではなく、各々の持ち味を上手く組み合わせてチームとしての最適化を図る事が、状況に応じてその場その場で最善のプレイを導き出す姿勢が、日本らしいサッカーではないか?という仮説を実証してくれたのではないかと。これは、カメルーン戦の前日に帰ってきた惑星探査機「はやぶさ」の事も念頭に置いています。


とはいえ、やはり勿体ない敗戦でした。グループリーグで得た守備への自信を背に、両サイドハーフと本田をより前でプレイさせるような意図が、仮に失敗しても後ろがカバーするからという姿勢があれば。或いは、延長に入って最後に森本を投入して本田をトップ下に据える4-4-1-1に変更していれば。失点の可能性も勿論高くなるとはいえ、得点の可能性のほうがより高まったのではないかと思える事が、何とも残念ですが。。ともあれ、開幕の時点ではここまで来られるとは思っていなかっただけに、贅沢な事を言える今の状況を与えてくれた事に感謝したいです。


自分は開幕前、岡田監督を解任しろという意見に対して賛同はしませんでしたが、残念な結果に終わるのだろうと思っていました。それは、本番では現実的な戦い方をしてくれるだろうから、等身大の日本の実力が明らかになるだろうと思っていたからです。そして、明らかになった日本の実力は、みんなで目にした通り、予想を上回るものでした。特に、試合の中で選手たちに自発的な動きが見られた事がとても嬉しく、監督よりも選手が問題と言い続けてきた自分の眼力の無さを恥じ入るばかりです。申し訳ありませんでした。そう謝れるのが本当に嬉しい。



最後にもう一度。本当にお疲れさまでした。

以上、今日はこれにて。


テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

食べる鉄人ラー油カレー

最近ちょっとサッカーの話ばかりなので、久しぶりに食べ物の話でも書いてみましょう。


さて、4~5月に比べると落ちついたものの、食べるラー油を作るのが定期的なノルマになりつつある今日この頃。レシピはたまたま検索して出て来たこちら↓を、ほぼそのまま使っています(ちょっとだけ表記を簡略化しました)。違うのは、サラダ油とごま油の比率をほぼ1:1にしている事ぐらい。

サラダ油:100ml
ごま油:55ml
韓国唐辛子:30g
フライドオニオン:15g~20g
にんにくチップ:適量
にんにく:1個~2個
★醤油:大1
★ウェイパー:大1
★ハチミツ:小2
★コチュジャン:大1
★砂糖:大1
from「手作りでも超美味しい食べるラー油♪


ラー油in鍋

で、完成品はこちら。美味しいですよん。
ラー油


それから、今日ちょっと買い物に出た時に見付けたもの。
鉄人カレー


ちなみにこの鉄人は7号だそうで。先はまだまだ長いですね。



以上、久しぶりに軽く短く仕上げたところで、今日はこれにて。

それでBKOと印象に予定(BlogPet)

JFKが体たらくみたいな一戦した?
それでBKOはあたりっぽい調整した?
それでBKOと印象に予定♪

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

デンマーク戦

早い時間帯に落ちるように夢の中へ旅立ってしまい、何だか変な時間に起きちゃったので、今朝方の試合についての雑感でも。サッカーの話題ばかりが続きますが、興味のない方ごめんなさい。。。


遠藤がフリーキックで2-0にしてからの時間帯は、とても余裕を持って試合を眺める事ができました。ここまで平静な気持ちでワールドカップの日本戦を見たのは、8年前の長居でやはり2-0になった時間帯以来でしょうか。

自国開催以外では勝ち点1を得ただけだったチームが、2勝1敗の勝ち点6で堂々のグループリーグ突破を果たしたわけで、選手や監督以下のスタッフを始め関係者の皆さま、お疲れさまでした。次はこれまで以上に厄介な相手ですが、せっかく得たチャンスですので、しっかり疲れを取って、きちんと準備をして、決戦に臨んで欲しいものです。

サイドバックを狙って高いボールを合わせて来た時の対応や先発組と控え組の差など、今後を考えると気になる点は幾つかありますが、成功率は少し落ちても少しでも点に繋がりやすい前へのプレイを心掛ける、そうした意識が常に選手たちからうかがえた事がとても嬉しい試合でありました。


思うのは、実戦の経験値というのは、やはりもの凄いものだなぁと。一戦ごとに得た自信が次に繋がり、露呈したマイナス点には修正の意識が働き、過去のトラウマを惹起するような場面でもそれを打ち砕き・・・。個人的には特に、過去の失敗がそれを糧にした形で我々の前に示されていた事が嬉しかったなと思いました。

何かの大会で結果を残しても残さなくても、そこで終りというポイントは決してなくて、それらを背負いながらサッカー日本代表は続いていきます。そして、局面局面での小さなミスは必然であり、それらの要素が時には敗北という結果に繋がり、時にはそれにもかかわらず勝利という結果を生み出します。こうした点で、サッカーに限らず各種のスポーツ組織は人生に似るわけですが、その歴史の流れにおいて、失敗を失敗のまま放置し忘れておしまいとならなかった事を誇らしく思います。


・・・などと総括のような事を書くのは縁起でもないですが(苦笑)、既にこの時点で充分な成果を得ている現代表チームが、更なる野心を胸に秘めて、これまでと変わらず丁寧に粘り強く戦って、それが結果という形で結実する事を、次の試合でも期待しながら応援したいものです。

あれだけ嬉しい気持ちにさせてもらって、我々にできるのは応援する事(と、偉そうに感想を書く事(笑))だけというのは申し訳ない気持ちもあるのですが、今の代表チームの姿勢と同様に、自分たちは自分たちにできる範囲でチームの後押しをできればと考えていますので、次も頑張って下さい。


さて、少しだけ小難しい話シリーズ。今回は前半のシステムについて書いてみます。先発メンバーは変わらないものの、いつもの4-1-4-1とは少し選手の配置が違った前半。結論としては、大久保がトップ下で松井を中盤の右に配した4-4-1-1と考えて良いと思うのですが、松井が本田の下で大久保と並ぶ4-3-2-1に見えた場面もありました(文末に参考図↓)。

このシステムの狙いですが、一つは両サイドハーフの松井と大久保の体力消費を抑える事。一つは攻撃に移った時に1トップの本田のフォローをし易いように、彼に近い位置に選手を配置する事。更には大久保が相手のセンターハーフにプレスをかけてボールを日本の左サイドに誘導させ、そこで松井・遠藤・長友と数的に有利な状態で奪って速攻という攻撃の形を考えた事。などが考えられます。

で、結果はと言うと、見事に機能せず。。。大久保がCポウルセンに向かう動きはヨルゲンセンが引いて受け手になる事で対応され。何より、トマソンやロンメダールが試合前の予測とは違った動きを見せるので、それをなかなか捉えきれず。。大久保からのパスを松井がジャンピングボレーという印象的なプレイが出るまでは、かなり不安な空気が漂っていました。

結局そのあたりの時間帯からいつもの布陣に戻して戦う事になります。これで各々の担当が明確になって改善された部分はありつつも、相変わらずトマソンの動きを捉えきれない場面が多く、彼がこの試合で決定力を発揮しなくて良かったなと。まとめると、ボールの出し手と受け手の両方に対応できていなかったという結論で、残念ながら試合の入り方には失敗した印象です。

とはいえ、結果論としてこの時間帯に点を許さなかった事で、次に繋がるいい実験になったと思います。そしてシステム自体は機能しませんでしたが、試合を通してスタミナを温存する動き(次からは延長になれば120分戦う必要があるわけですし)、それからセカンドボールを保持する意識(仮にバスケの試合だったら、監督はひたすら「リバウンド~!」と叫び続けていた事でしょう)、などは保たれていたわけで、試みとしては面白い動きだったなと思いました。


以上、今日はこれにて。



<参考>
追記:スペースが上手く表示されないみたいなので「.」を使って揃えてみました。

...△
...●
●◎◎◎
○○○○
□     
<4-4-1-1>

...△
..●●
.◎◎◎
○○○○

<4-3-2-1>ちなみに通称「クリスマスツリー」

...△
●◎◎●
...◎
○○○○
...□
<4-1-4-1>


テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

オランダ戦

1点差での負けという結果は、それほど悪いものではないと思います。相手の調子が思ったほど上向かない状態だったとはいえ、オランダ相手にこの戦い方でここまでやれた事は、確実に次に繋がるのではないかと。デンマークは侮れない相手ですが、この試合と同じように我慢強く戦って、自分たちにやれる事を出し切って欲しいものです。


全体的には好印象で、例えば先制されるまでの我慢の守備は、特定の選手にできるだけ疲労が偏らないようにという配慮まで考えられた、準備の行き届いたものでした。先制された後の攻撃も、やはり事前のしっかりした準備が予想できる内容でした。各々の選手がそれぞれの長所を上手く組み合わせてチームに貢献している姿が印象的でした。


残念なのは、オランダが名前ほどには本調子ではなく、付け込む隙があったのに、日本の交替策が機能しなかった事でしょうか。個々の選手について悪い部分をあげつらうのは避けますが、なかなか試合の流れに入っていけなかった事と、各々の能力とチームの中で求められている役割が微妙に乖離していた事が、少し切なかったなと思いました。

もちろんそれには先発組の問題もあって、カメルーン戦と比べて目の前のタスクに意識が行き過ぎる傾向を感じました。つまり、点を奪われない為の、あるいは点を取る為のチームとしての動きがあるわけですが、初戦ではそうした目的をハッキリ意識していたのに、この試合では個々の役割をこなす事に集中力をかけ過ぎてしまったかなと。故に、選手交替の後でも、退いた選手がいた時と同じ動きをしてしまい、それが修正されるまでの時間を無駄にしてしまったのが勿体なく思いました。端的に言えば、チーム全体で成し遂げるという意識を取り戻して欲しいなと。とはいえ、これらはすぐに改善できる事ですし、日本を代表する選手たちなら既に自分で分かっている事だと思いますので、次に活かしてくれる事を期待しましょう。


少しだけ小難しい話、今回は守り方の話をしましょう。前半は松井のいる右サイドにカメラがあったので分かり易かったと思うのですが、彼の守備は相手のサイドバックであるファン・ブロンクホルストにボールが渡り易いように、わざと中央に絞った位置を保っていました。つまり、相手の攻撃を彼に行わせるように仕向ける意図が明確でした。とはいえこれは低い位置での話で、自陣1/3のエリアまで侵入してきた場合にはきちんとマークする動きが見られました。

それから、先制されるまでは相手のセンターバックはほぼ放置、キーパーは完全に無視という状態だったのが、先制されてからはセンターバックにも時折、キーパーにもたまにプレスをかけるシーンが見られました。点が入るという明らかに試合展開が変わった局面でも、その前後でまるでやり方が変わらない現象がしばしば観察された代表チームですが(涙)、こうした大きな変化はもちろんの事、試合の流れの中での小さな変化にも微調整が行えていたのが印象的でした。


グループリーグ最終戦の結果で全てが決まりますが、とにかく必要以上に相手を侮らず怖れず、今日と同じく丁寧に緊張感を持って90分間を戦って欲しいですね。期待する選手はやはり遠藤と松井を挙げておきますが、他の選手たちにもそれぞれの役割があり、それは交替選手も同様です。誰が活躍するにせよ、日本代表の名に恥じない戦いぶりを披露してくれれば、チームの結果に繋がる可能性は高まると思いますので、頑張ってください。


では、今日はこれにて。


テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

カメルーン戦(BlogPet)

BKOの「カメルーン戦」のまねしてかいてみるね

テレビを落ち着けて欲しいところです。
それとはこれで試合あるので昨日ほど手放しに追い込まれて欲しいところで耐えるしかない事に押し込まれたができないと出し切る事にやりそうなったの試合をきちんと評価しました両サイドの動きをきっちりと無いものねだりが幸いしたいところで。
以上、無理な事と無いものねだりがやれる事を考えて来るの遠藤の1-1-4-4-1トップに期待し...)、そうなったのでそれほど脅威に攻守両面でラッキーという感じで欲も普通にスナイデルとか自主的で試合も普通になるところで試合を阿部に現実的にやりそうなって時間帯にスナイデルとか自主的に攻守両面で試合を試みないで、最後のどの練習試合をしたいところで来られて時間帯にやりそうなった両サイドのかなぁ?カメルーンの選手が組織的で欲も、結果が辛いところで?

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

カメルーン戦

テレビをつけたら君が代が始まるところで、今大会初めて最初から落ち着いて観戦できました。自国開催以外では初勝利という事で、二日続けて嬉しい報せで何よりです。まだ二試合あるので昨日ほど手放しに喜べない部分はありますし、これで欲も期待も高まるだけに難しくなるとは思いますが、頑張って欲しいですね。

印象としては、今までのどの練習試合よりも普通に現実的に戦っているなぁという感じで。やはり死んだ振り戦法だったのでしょうか??カメルーンは調子が上がらない感じでラッキーという部分もありましたが、無理な事を試みないで試合をこなした事をきちんと評価したいところです。

グループリーグの残り二試合も、結果を意識するよりもまずは自分たちがやれる事をきっちりと出し切る事を考えて。あとは試合展開や状況に応じて微調整をしながら我慢強く戦えば結果が出る可能性は高まると思いますので、この路線が続く事を期待しております。

以下、ちょっとだけ小難しい話を。。


相手が組織的ではなかったのでそれほど脅威にならなかったのが幸いしましたが、最後の時間帯に中盤のラインが押し上げられなかった点は気になるところです。それと長距離のカウンターができない事とで、終盤に押し込まれた状態で耐えるしかない事態に追い込まれてしまいます。

本田の1トップにも微妙な点はありますが、やはりボールを奪った時に交替した両サイドの選手がその本田を追い越す動きをして欲しいところ。ただ、ボールを落ち着けて時間を作れる選手がなぁ...と無いものねだりがどんどん出て来るのが辛いところですが。。普通に攻守両面で松井がキーになっている現状が嬉しいやらちょっと怖いやら。。。


カメルーンの不思議は、日本対イングランドの試合を見ていなかったのかなぁ?と。カペッロと同様に後半から、例えばエトーを阿部に付ける4-4-1-1気味なシステムで来られていたら、かなり厄介な事になっていた気がします。その辺りはオランダが見逃すはずはないと思うのですが(監督の指示がなくても普通にスナイデルとか自主的にやりそうだし...)、そうなった時の遠藤の動きなどに期待しております。


以上、簡単ですが今日はこれにて。

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

はやぶさの帰還

以前にも触れた事がありますが、小惑星探査機「はやぶさ」が13日の22時51分ごろ、3億キロの彼方にある小惑星「イトカワ」から帰って来て、大気圏に突入しました。その燃え尽きる最期を和歌山大の中継で拝見していたのですが、とても綺麗な姿でした。それ以外に、形容の言葉がありません。分離したカプセルも目視で確認できたそうで、本当に、よく帰ってきたな、と。

「はやぶさ」大気圏突入、60億キロの旅帰還 : ニュース : 宇宙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「ヘリコプターでカプセル本体を捜索した結果、WPA内において、目視により確認しました。」
Hayabusa_JAXA
「光学班によって火球の観測を行いましたので、画像を送付します。」
http://twitpic.com/1whtjd




今日は吉田武「はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語」(幻冬舎新書)を読みながら帰還を待つ予定が、「はやぶさ」の今までの旅路を思うと、エピローグどころかプロローグで涙ぐむ体たらくで。。気を紛らわせようと動画を見てまた泣きそうになるなど、やたらと涙腺が緩い一日でありました。


探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力


半年前のこの動画はやはり良いですね。で、色々と検索していると、この時のトラブルを簡略化して解説したものがありました↓。しかし上手いこと作るなぁ。。。


A「あ、オレだめ」
BCD「早々にリタイヤしやがこのカスが!」
A「すまん」
ーしばらく後ー
B「オレ、ダメかもしれん」
CD「オレらでがんばるよ!」
A「ごくろうさま」
BCD「おまえは黙ってろ!」
ーしばらく後ー
D「もうダメ・・・」
C「うう、俺一人じゃムリだ」
B「もうあきらめるしかないな」
A「あのー・・」
BCD「おまえは黙ってろっての!」
A「いや、ひょっとしたらオレ動くかも」
BCD「えええええ!?」




[はやぶさ]今度いつ帰る ~はやぶさ探査機~ さだまさし・復刻動画版


「お父さん、足痛めました」
「他の手足で頑張れるか」
「大丈夫」

「お父さん、お使いできたよ」
「さっき転んでなかったか、返事がないから心配したよ」
「あれ…ちょっとボーっとするかも。でも、お使いしたよ」
「うん、うん、上手に出来たな。早く帰っておいで」

「…さん、おとう、さん」
「ああ、やっと返事をしてくれたな、待ってたよ」
「一人で頑張ったんだよ、教えられたとおり出来たよ」

「お父さん、血が出てる…」
「心配するな、止まったら落ち着いて前に進むんだ」
「おなか、いたい…」
「暖めれば楽になるから、頑張るんだぞ」

「お父さん、おはよう」
「体、動くか」
「足がちょっと。でも歩き方変えたらいけるよ。もうすぐうちに帰れるね」

「お父さん、お土産送った。中身、入ってなかったらごめんね」
「気にするな、お前が帰ってくるのが何よりの土産だよ」
「ぼくも、帰るね。帰り道教えてくれてありがとう」
「ああ」

 お父さん、さようなら。




このふたつは、切ない作品ですね。これらを通して、「はやぶさ」の魅力が、一人でも多くの人に伝わってくれる事を望みたいものです。


「親の世代が「アポロ」の熱狂を語ってくれたように、リアルタイムで「はやぶさ」を体験している我々は何を語れるのか、最近よく考えます。」
Hayabusa_JAXA




とはいえ、このつぶやきには考えさせられるものがありました。つまり、リアルタイムの体験者の一人として、「この動画を見て!」という伝え方ではなく。どんなに拙くとも、自分の言葉で伝えられるように、自分の中で整理して備えておかないとな、と思った次第でありました。


最後に。帰って来てくれて本当に嬉しいと、その想いが伝わる事を願いつつ。
今日はこれにて。


テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

話し合い(BlogPet)

JFKは話し合いするはずだった。
それで評価敬意したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

鳩山首相辞任(BlogPet)

BKOの「鳩山首相辞任」のまねしてかいてみるね

平成22年未満の振り返りは一年未満のだと思うところです!!

それは辞意を子馬鹿に述べておられた方だったよりは首相を拝聴しますができないかです。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。