語源(BlogPet)

きょう、語源へ紹介するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

「ふたつのスピカ」完結

という事で、今日は漫画のお話。本日23日に発売された16巻で完結した柳沼行「ふたつのスピカ」(MFコミックス フラッパーシリーズ)について書きます。

自分がこの作品を知ったのは確か2002年の暮れなので7年に渡っての付き合いになりますが、10月に最終巻という話を聞いて今日を楽しみにしていました。無事に作品が完結して、関係者でもないのにほっとしております。


本作品は長年の間、自分にとって、人にお薦めしたい漫画部門の心のベストテン第一位を維持し続けてきた特別な作品でした。アニメ化やドラマ化の割に知名度が伸びなかった事もお薦めし易い理由の一つでしたが、もちろんそれだけではなく。老若男女、漫画に詳しい人にもそうでない人にも、広く読んで貰いたい作品だった事が大きいです。

話の筋としてはベタな展開が多いですし、中盤の中だるみや終盤まとめに入った部分も無いわけではないです。が、とにかく最後まで破綻なく締め括った事。それから、ベタな話って実は相当に描きにくいはずなのですが、それを上手く描き切った事。特に後者に魅せられて、長い間この作品の登場人物たちを見守って来たわけですが、寂しい気持ちもあるとはいえ、何とも嬉しいというのが今の心境です。最終巻は、特に見せ場というわけではない場面でも、何となく感傷的になりながら読みました。


ところで、自分はサイン入りのコミックスを持っています。と言っても実際に目の前でサインをして頂いたわけではなくて、新刊を買いに行ったらサイン入りのコミックスが並んでいたので購入した、というだけなのですが。今になって、それが特別な意味を持つとは、当時は予想もしていませんでした。

それは5巻の発売時の事で、コミックスには作者さんのイラスト・サインと一緒に日付が記されています。2003年10月23日。つまり、ちょうど6年前の今日です。2002年に最初の3冊が発売されて以来、大体は毎年2冊、春頃と秋頃に新刊が出ていたわけですが、10月の発売は5巻以来みたいで。発売日を知って、サインを確認して、今日を特別楽しみしていたのはそんな理由もありました。


繰り返しますが、本作品は漫画に詳しい人にもそうでない人にも、老若男女を問わず読んでみて貰いたい作品です。興味を惹かれた方は、まずは最初の5巻ぐらいを試しに読んでみて下さい。そして、少しでも多くの方がこの作品に触れて、読後に得られる感情を大切にして欲しいと思う次第であります。


最後に、この作品の個人的なテーマソングの紹介でも。もちろん、作中で登場する「見上げてごらん夜の星を」でも良いのですが、自分としては更にベタにこちら↓を推したいところです。

http://www.youtube.com/watch?v=LqqufKUCfnU


あんまりライブで披露されないというイメージがありますが、名曲「楓」がシングルカットされた時に世に出て、翌年の未発表曲を集めたアルバム「花鳥風月」にも収録されたこの曲。個人的に、「楓/スピカ」というシングル2曲には当時相当に癒されました。しかし、スピッツのスピカって、どちらも「トンガリ」という事で、語源を考えると面白いですね。



以上、今日はこれにて。



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

BKOで練習(BlogPet)

きょうJFKは、BKOでゲームみたいな言い訳するつもりだった?
だけど、きのう、BKOで練習ー!

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

今年は追悼する人が多すぎる。



引率の先生に教えて貰って、みんなでキャンプファイヤーで歌った。それから、合唱でも歌った。それから、アコギを手にして、この曲でアルペジオの練習をした。



これは確かNHK教育でやっていた、アコギ入門的な番組。録画したビデオと教本も持っている。オリジナルはカポ2でG、この番組ではカポ3でG。コードはこちら↓。
http://music.j-total.net/data/006ka/002_katoh_kazuhiko_to_kitayama_osamu/001.html

一人でも多くの方が、故人を想ってギターを奏でる夜になりますように。



以上、今日はこれにて。


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

共通(BlogPet)

JFKがBKOと共通するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

つぶやき日記

三連休ってどこの世界の話でしょ?という感じで引き蘢っているのに、一向に部屋の片付けが進まない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は何となく、全体としてテーマがまとまっている文章ではなく、twitterのような比較的短い内容を雑多に書き連ねたものを書きたくなったので、実験的にやってみます。ではスタート!



■ネット時代

ネット時代になって、情報に取り残される事が増えた気がする。でも、情報ってそんなに早く消費しないといけないものなのかな?とか。ただ、ネット時代になって、後からでもニュースそのものを直接確認できるのは良いですね。


■バガボンド31

で、今更のお話。久しぶりに漫画を見に行ったら新刊が出ていた。お杉婆さんに萌える。又八は、母性とどう相対するか、という問題を提示しているのかも?母性は教育などとも密接に関わって来るので、男としても他人事ではなく、なかなか難しいものです。。


■収納スペース

あと7巻ぐらいで終わると丁度いいのですが、ただ、ずっと読んで来ただけに、もし終わるとなると寂しいです。


■ラストシーン

ちなみに、吉川英治「宮本武蔵」(講談社歴史時代文庫)の締め。

 波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚(ざこ)は歌い雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を、水のふかさを。(p.369)



■ついでに「三国志」(同上)

 三国は、晋(しん)一国となった。(p.413)



■「三国志」篇外余録を除くと

定軍山に孔明が葬られた描写に続いて。

 「松ニ古今ノ色無シ」相響き相奏(かな)で、釈然と醒(さ)めきたれば、古往古来すべて一色、この輪廻(りんね)と春秋の外ではありえない。(p.370)



■で、連想した作品

漢詩だと「年々歳々花相似、歳々年々人不同」で、和歌だと「松も昔の友ならなくに」「我が身一つはもとの身にして」になる辺りが興味深いですね。詳しい評価は専門家にお任せしますが。


■そういえば「レッドクリフ」

映画の中で、曹操が小喬を想いながら「短歌行」を吟じるシーンがあるのだとか。で、もともとは人材コレクター病の曹操が、いかつい武将を想い浮かべながら詠んだ作品なのに...なんて怒っていた方が。ま、微妙なギャグとして軽く流しましょうぜ。


■短歌行

漢詩の善し悪しが解るほど詳しくないのですが、「赤壁賦」にも引用されるこの曹操の作品は「出来過ぎ」じゃないかと思い続けて早幾年。ただ、曹操の人生を追うと、その「いかにも」な感じがぴったり来る気はします。面白い人です(と気軽に言うのも何ですが)。


■その他の有名作品

他に三国志関連で有名なのは曹植「七歩の詩」辺りかな。本是同根生(もとこれ同根より生ず)、と殺意剥き出しの兄に訴える作品。あと、詩ではないけど「出師の表」は有名ですね。臣亮申す、先帝創業未だ半ばならずして中道に崩殂す、今天下三分して益州疲弊す、これ誠に危急存亡の秋なり・・・で、幾つになってもこの先が覚えられないのが哀しいところ。


■共通の忌日

ちなみに、曹操と同じ日に亡くなった古代の有名人が西洋にいます。曹操が亡くなったのは建安25年1月23日。西暦で言うと220年3月15日。そして3月15日に気を付けるべきだった人物の名はもちろん、ガイウス・ユリウス・カエサル(~B.C.44)。


■■■


やはりというか何というか、マニアな方向に走ってしまうのが難しいところですね。。。
ま、せっかく書いたのでこのままアップしてみます。
という事で、今日はこれにて。

読んで頂いてありがとうございました。


テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

ゲーム・ミュージック完結編

違う事を書いても良かったのですが、とりあえずキチンと締めておきましょうという事で。今日はゲーム・ミュージックについての体験や考察などを、前々回に続いて簡単にまとめておきます。


・ドラクエの演奏

いきなり動画の紹介から。エレクトーンで、ドラクエ4の5章フィールドの曲などを演奏しておられます。個人的には特に9分過ぎからが好印象でした(というか、演奏している方には申し訳ないですが、思わず噴き出してしまいました(苦笑))。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3592946

高音質バージョン(重い)

ドラクエの曲をアレンジしようと試みた時に、やはりロック調というのは少し難しいです。自分も色々と考えてみたのですが、オケに親和性があるという先入観があり、そして実際に作品としてそれが実証されている以上は(「交響組曲」シリーズ)、なかなか厳しいものがあります。もちろん、例えばイングヴェイがクラシックを弾いていた様な感じで演奏するとか、手が無いわけではないのですが、残念ながらFFと比べると普通のバンド形式での難易度は高くなってしまうという印象でした。

ちなみに、FFはゲーム音そのままのサントラが出ているのですが、ドラクエの場合は(特に初期のファミコン時代は)実際のゲームのダイジェストのような音源しかないみたいで。つまり、曲ごとに分かれておらず、効果音が適宜挿入されてしまう為に、特定の曲を落ち着いて聴けない点が残念だなぁと思ったのでありました。最近のドラクエ9などはゲーム音そのままを一曲ずつ聴けるサントラが出ているみたいですが、特に旧作で一曲ごとのサントラが出て欲しいなぁと。

ファミコン時代って、自分がプレイしていないのに記憶に残っているゲームの曲って案外多いんですよね。どこで聞いたのか良く分からない、何のゲームなのかすらも良く分からない曲でも、何故か知っていたりするわけで。そうした音源をもっと気軽に聴けるようになって欲しいものですが、「まず隗より」という感じで、ドラクエが率先して行動して欲しいなぁ・・・などと思うのでありました。



・CDを大人買いしてみました

そんなわけで、泣く泣くドラクエは諦めて、FFのサントラを大人買いしてみました。オリジナルの1~5と、プレステに移植された1と2、DSに移植された3と4という構成です。

特に面白かったのが、ファミコン時代と後に移植されたものとの違いです。ファミコン時代は3音で曲が成り立っていたので、豊富に音が使えるようになってアレンジがどう変わるのか?と期待しながら聴きました。

で、前もって大まかなアレンジを考えていた曲で特に強く実感したのは、やはり相当に考えて作られているなぁ・・・と。プロのお仕事をこんな風に言っては失礼になるかもしれませんが、飛びぬけて高いゲームの知名度とそれに伴うプレッシャーがある中でこれだけの仕事ができるのは、何とも凄いし羨ましい事です。


そんな感じでアレンジは概ね良好だったのですが、ファミコン時代の曲を見直す気持ちになった事もありました。それは例えばダンジョンの曲などですが、ファミコンの音源の響きを上手く使って、不気味な雰囲気を醸し出せるような曲作りをされていたのだなぁと。音が少ないとマイナス面ばかりを考えてしまいますが、限定された材料をいかに上手く使いこなすか、という点では、かつてのファミコン時代の方が優れた作品が多かったかもしれませんね。

そういえば、今これを書いていて思い出した事。人から聞いた話で信憑性は分かりませんが、とある戦闘曲(確かFF3)のドラム部分は、意図的に生じさせたノイズ音なのだとか。音数を補う為の工夫、と一言で済ませると怒られてしまうぐらいに激的な発想の転換があったのでしょうね。


もう一つ印象深かったのは、シリーズの曲を時系列に沿って一気に聴く事で、作曲の植松さんの傾向や変化などをしっかり感じられたのが良かったなぁと。どうしてもゲーム中はゲームそのものに意識が行くので、曲によってはほとんど記憶に残っていないものもあったのですが、それらを落ち着いて聴けて面白かったです。植松さんはメロディーをいかに聴かせるか、という点が繊細だなぁと。

どうでもいいような発見もいくつかありましたが、例えばFF3の「クリスタルタワー」とFF4の「飛空挺」は出だしのメロディが同じだなぁ~とか(キーは3度違いますが)。ゲームの話を書く切っ掛けになったSaGa2の曲とFF3の曲はいくつか親和性があるなぁとか。じっくり聴いてみると、色々と面白いものが見えて来て楽しいですね。



・演奏動画の傾向と対策

YouTubeやニコニコ動画で演奏しておられる方々は心底それらのゲームが好きで、心から楽しんで演奏しておられるのでしょうし、それはとても大事な(プロですら、プロであるが故に忘れ易い)事だと思います。なので、マイナス部分を指摘するのは野暮だと思うのですが、ただ、「勿体ないなぁ」というか、「ここを直せばもっと良くなるのに」と思う作品がいくつもあったので、一応ここで書き残しておきます。

具体的に改善点を指摘できるほどこの道に秀でているわけではないので、抽象的な注文になりますが。傾向としては、アレンジという点で得意な楽器(音)と不得手なものとの差が感じられる事。それから、音を出し過ぎる事でしょうか。どちらも改善には地道な努力が必要なので難しいですが、前者は色んな楽器の音に触れる事、後者はゴースト・ノートなどを意識する事、それから両者ともに曲をトータルで見た時のバランスを心掛ける事、などが対策として考えられると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=1vuHwwWehjs


ちなみに、個人的にバランスが良いなぁと思ったのはこの方↑。FF1~2のメドレーなのですが、ギターの演奏はもちろん、アレンジという点でも各楽器の持ち味が出ている上に発想が面白いです。ダンジョン(1)→カオスの神殿(1)→生き返りの間(2)→カオスの神殿(1)→パンデモニウム城(2)と曲を重ねているのですが、自分もこういうのをやりたいなぁと思わせるような演奏は良いですね。



・古代祐三さんの作品

さて、ゲーム・ミュージックの事を調べていると、色んなところでこの方の名前を目にしました。で、作品を聴いてみたいと思いつつ・・・。

何というか、あまり厳密に考えてなくても良いのでしょうけれど、ゲームの曲はやっぱり最初はゲームを通して聴きたいな~と思ってしまうもので。実は上記大人買いでのFF移植バージョンも購入を少し躊躇したのですが、まぁ曲自体を知らないわけではないし・・・などと言い訳をこそこそ呟きながら購入しました(苦笑)。

でも、今更「ソーサリアン」をやるのは厳しそうですし(難しそうだから(苦笑))、「イース」は機会があればと思いながらも結局今までやらずに来たしなぁ・・・などと悩んでおりました。で、悩みながら色々と調べていたら、古代さんの作品の中でも名曲と名高いこの曲↓は、どうやら「イース2」のオープニング曲なのだとか。じゃあ、ゲームを始めてすぐに聴けるんだから良いか、と、何が良いんだかよく分からない言い訳もそこそこに聴いてみました(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=iMWUyK05uhs

ニコニコ動画はこちら

最初は一応PC88版(?)の音を聴いたのですが(「音源フリー宣言」って良いですね)、この頃はFM音源とSSGで6音だったか。やはり苦しい制約の中で工夫する楽しみを味わえた時代の曲ですが、ゲームをプレイする人の気持ちを盛り上げるように上手く作られていますね。人気が高いのも納得です。

で、紹介した動画ですが・・・。かぶりものや小芝居の事はさておいて(笑)、この動画に至るまでに初投稿、Ver.1.5、Ver.1.7を経ています。過去の演奏と比べられるのは面白いと思うので、このまま消さずに残しておいて欲しいものです。

演奏の技術面では、正直に言うとまだまだ課題が残ります。Ver2.xになってかなり改善されましたが、それまでの演奏は聴くのが辛い箇所も一部ありました。ただ、「この曲をもっと上手く弾けるようになりたい!」という気持ちが伝わってくる事と、それから出したい音の方向性が明確なので、今後が楽しみですね。こうした長所を大事にして欲しいものです。



・まとめ

という感じで、駆け足で自分のゲーム・ミュージック体験を紹介してみました。最後に、自分が特に面白いと思った二点を書いてまとめにします。

一つ目は、何度が触れていたようにアレンジの楽しさ。これは、音源の性能に限界があって作曲者が苦労した時代の曲ほど楽しいという、製作者の方々には非常に申し訳ない傾向がありますが(苦笑)、自分でアレンジを考えたり、あるいは最新のゲーム機に移植された音源でアレンジの違いを楽しむというものです。

二つ目は、演奏する楽しさ。実際に色んな方が演奏しておられる動画を紹介して来ましたが、改めて考えてみると、ゲーム・ミュージックって案外ジャム・セッション向きだなぁ~と。1分ほどでループする構成、メロディ重視の作りなど、そうした傾向を考えると確かに納得がいきますね。


あまり知らないのに言うのも何ですが、ゲーム機の性能が上がるにつれて、ポピュラー・ミュージックがゲーム・ミュージックにもどんどん進出している印象があります。敢えて言えば、アニメの主題歌にJ-POPを大々的に起用した傾向と似た感じを受けるのですが(ちなみに、これは批判ではないです。念のため。)、逆方向の矢印ももっと活発になったら面白いのになぁ~と。そんな呟きでもって締めにしたいと思います。


以上、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

知り合いの知り合い

以前に、「知り合いの知り合いはアル○イダ」なんて失言をした方がおられましたが、知り合いの知り合いとなるとかなりの広がりになるわけで。実際、自分の場合を考えても、知り合いの知り合いで良いのであれば、元総理や芥川賞作家などなど色んな人に繋がるわけです。

で、そんなどうでもいい事を自慢したいわけではなく。ちょいとシリアスな話ですが、先日、知り合いの知り合いの方が亡くなられたのだとか。亡くなられた方とは面識がなく、かなり断片的な情報しか知らないのですが、その知り合いの方が言われていた事が印象に残りました。

つまり、「具合が悪そうだから見舞いを遠慮していたら・・・」という呟きなのですが。こんな事はあまり書くべきではなく、しっかり記憶の中に刻んでおくべき事だとは思うのですが、「見舞いに行ける時に行っておく」事の大切さを感じました。

これは二つの意味合いがあって、残された者が後悔しない様に、というのが一点。それからもう一点は、この世を去る人の不安を少しでも和らげられる様に、という事です。後者の場合は、損得勘定やらを考えると引き受けるのに躊躇する事もあるかと思いますが、何よりも後の自分の為に、そして相手の為にも、記憶しておくべきだなぁと思ったので記録しておく次第であります。


やはり、文字にしてみると陳腐になりますが、そんな事があったという記録の意味も含めて。そして亡くなられた方に哀悼の意を込めて。書いてみた次第でありました。


以上、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

購入(BlogPet)

きのうBKOの、JcUsLFBqkPk演奏とか購入するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。

ゲームの話その2~ゲーム・ミュージック~

という事で、今日は続いてゲーム・ミュージックについて。何をどんな風に書くか悩ましいところなのですが、とりあえず時系列で書いていきましょう。



・演奏する人たち

前回書いたように、1月に「SaGa2」のリメイクが発表されました。で、それからしばらくして、YouTubeやニコニコ動画で検索してみたところ、色々と面白そうな動画がありました。初音ミクが演じる○○○○なども面白かったのですが、それ以上に戦闘曲をロック風にアレンジしている動画に聴き入ってしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=JcUsLFBqkPk


演奏も打ち込みも若いなぁ~という感じですが、この勢いのある演奏が元曲のイメージに良く合っています。ボス敵相手の戦闘で流れる曲なのですが、イントロを聴くだけで彼らと主人公たちとの絡みや、それに関連するゲーム内の登場人物などが思い出されて、懐かしくも切ない気持ちに浸れます。ゲームをやらないという方でも、映画音楽を聴いた時に感じる気持ちに近いと言えば解って頂けるのではないでしょうか。

ゲーム・ミュージックの評価というのはなかなか難しいもので、ゲームの場面と相当にシンクロして印象に残っているので、プレイ経験が無い人にどのように受け止められるのかは分かりません。特に、自分にとって相当に思い入れのあるこの曲などは、正直に言って客観的に分析など不可能です。しかし恐らくは、このゲームをプレイした事のある人の大半は、これを聴いて感慨深い気持ちになるのではないかと。


で、DS版が発売になってから動画が増えている印象ですが、全部は紹介し切れないのでもう一つだけ↓。こちらは、ネタバレ映像が多いのでリンクだけにしておきます(2009.10.11、記事を書いてしばらく経ったので貼り付けを追加しました)。ただ、プレイ経験のある人には嬉しい戦闘曲のメドレーですので、興味のある方は聴いてみて下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=J06R_uvr4eo




・他のゲーム・ミュージック

で、味を占めて関連する動画を覗いてみたのですが、分かるゲームが少ないという哀しい事実に突き当たってしまいました。。。また、ゲームだけでなく同時にアニメの曲を演奏しておられる方が多かったのですが、残念ながらそちらも良く分からないので、曲を聴いてもファンの方ほどには堪能し切れていないのだろうな、という一抹の寂しさが残りました。

ゆえに、これを読んで頂いている「SaGa2」をプレイした事のない方々もそんな感じではないかと思うのでありますが。。プレイして頂いた上でもう一度これを読んで貰えたなら、恐らくは満足してもらえるであろうと思いつつ書いております。もしもそれでも不満足でしたら・・・それはリメイクがダメだったという事で(コラコラ)。


とまぁ、そんな戯言はさておいて。結局のところ自分が分かるのはドラゴンクエストとファイナルファンタジーという事になるわけで(正直言うと、どちらも6以降は少し印象が薄いのですが...)。関連動画の中にFFがあったので聴いてみる事にしました。それがこちら↓。ちなみに、これもネタバレ映像が出て来ますので、それが嫌な方は明後日の方を向いて曲だけ聴いて下さい。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5005567



実は自分は最初YouTubeで見たのですが、時間の関係からか二つに分割されていました。で、オリジナルはニコニコ動画との事で、改めて全編を拝見しにニコニコ動画に潜入してみました。

FF2~5の戦闘曲をメドレーで一気に演奏しています。実に17分という長さですが、安定しています。アマでは最高レベルではないかと(っと思ったら、実は元プロの方らしいのですが)。FFの曲はハード・ロックのアレンジに親和性がありますね。


ちなみに第二弾↓ではFF6と7の戦闘曲でこちらも18分。打ち込みや演奏面でも上記の第一作から更に磨きが掛かっています。個人的には、6は何とか分かっても7はあまり覚えておらず、その点では少し残念だったのですが、かつて熱中した方は是非とも聴いてみて下さいな。(これもネタバレ映像があるのでご注意を!)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5371295




・締め

で、「他のゲーム・ミュージック」と銘打った割にはFFだけで終わってしまいましたが、ちょっと長くなってきたので今日はこの辺りで。。。

次回は、もう少し演奏系の動画を紹介するか、ゲーム・ミュージックについて別の事を書くか?あるいは昨日書き忘れたゲームそのものについて思う事などを書くか?それともここで中途半端に終わってしまうのか?(苦笑)

今の時点ではあまり考えていないのですが、当日の気分で決めたいと思いますのでお楽しみに。


では、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


テーマ : 演奏してみた - ジャンル : 音楽