FC2ブログ

クラシコ雑感。

例年と比べるとやや低調な内容だった印象ですが、ざっと感想を書き残しておきます。


■バルセロナのスタメン

キーパーはテア・シュテーゲン。
守備陣は右からセルジ・ロベルト、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ。
中盤は底にブスケツ、右にラキティッチ、左にアルトゥール。
前線は右からラフィーニャ、スアレス、コウチーニョ。


■前半のバルセロナ

前半は完全にバルサのペースで、特に守備が安定していました。

まず敵陣でボールを奪われた時には積極的に相手を囲む守備を行っていて、これが効いていました。

相手のボール保持が落ち着いた場合は、中盤に4人が並ぶ状態を優先して、その上で余裕があるならアルトゥールがFWの位置まで出てプレスを掛ける感じ。

これは去年までのイニエスタと同様の動きですが、メッシとスアレスが高い位置に残った状態で中盤の4枚から人数を減らしてプレスにいくのと比べると安定するのは当たり前で、レアルの組み立てを困難にしていました。

メッシの代役はラフィーニャで、攻撃時にはポジションに縛られない動きで色んな場所に顔を出していました。

とはいえマドリーの守備が軽かったという理由も大きく、守備がしっかりした相手だとどうなるかは少し疑問でした。

この試合でも、対メッシ並とまではいかずとも、守備の強度を高めてラフィーニャをボールの奪い所に設定していたら、どうなっていたかは解らないと思います。


■レアルのスタメン

キーパーはクルトワ。
守備は右からナチョ、ヴァラン、ラモス、マルセロ。
中盤は底にカゼミロ、右にモドリッチ、左にクロース。
前線は右からベイル、ベンゼマ、イスコ(トップ下〜左)。


■後半のレアル

前半のレアルは選手一人一人の状態が悪く、それがチームへの悪影響となってボール近くの選手に更なる負担をもたらし負のスパイラルが続くという形でした。

例えばベイルが前線から守備に行った時には誰も連動せず空振りに終わり、最終ライン付近まで戻って守備をした時には攻め手がいないという、くたびれ儲けな展開が目立ちました。

後半はヴァランに替えてルカス・バスケスを投入しシステムを3-4-1-2に変更。ベイルの守備をあてにするのではなく、バスケスの運動量と献身性でバルサの右サイドの攻撃を封じる方向に舵を切りました。

同時に逆サイドのマルセロの位置を上げ、中盤の数的不利が原因で対人の強さを発揮しきれていなかったカゼミロを最終ラインの中央に移し、3バック+モドリッチ&クロースのビルドアップでバルサの守備を引き剥がしていきました。

とはいえシステム変更の主眼は背水の陣で、それはバルサのゴールキックの際に顕著でした。敵陣で七人でボールを奪いきってゴールという目標が明確で、もしも自陣までボールを運ばれたら後ろの三人にお任せという腹をくくった布陣でした。

ただ、バルサのビルドアップが数年前と比べて弱体化したのはジダンの時代にも周知のことで、試合開始の段階から攻勢に出なかった点は少々疑問です。

いずれにせよ、両サイドで優位に立てるようになったこと、ボールがそこまで届けられるようになったこと、敵陣に相手を押し込められるようになったことで、一気に試合はマドリーに傾きました。

しかし、得点だけが遠く。
結局は三人では守りきれずに失点を重ね、両サイドにも対策を講じられ、終わってみれば大敗となりました。


■メッシの温存と欠場の違い

ここで少し思考実験を。
メッシが後半に出て来るかもしれない状況と、試合に出ないと確定している状況とで、どう違うのかという問題を考えてみます。

前者の場合、相手チームは終盤の失点を覚悟して試合に臨むことになると思います。その結果、前半から積極的に攻勢に出てリードを奪っておきたいと考え、つまりバルサの側から見れば難易度が上がるようにも思えます。

一方で後者の場合だと、敵チームはメッシ対策を考える必要がありません。勝つチャンスがあると勇躍して積極的に出てくる可能性もありますが、気を抜いて普通のプレイをしてくれる可能性もあります。

最後に温存や欠場ではなく先発出場する場合を考えると、相手はメッシ対策を講じてきますが、それが90分間維持できるかというと難しく、メッシが注意を引き付けることで周囲の選手が楽にプレイできる利点もあります。

何が言いたいかといいますと、この試合ではメッシがいない利点が勝りましたが、欠場ゆえの限界も当然あるわけで。最初のほうでも書きましたが、ラフィーニャにマークが集中しても同じ結果になったかは解りません。

それを確かめる意味でも、メッシの離脱は三週間と聞きましたが、来月のアトレティコ戦をこのメンバーで見てみたいなと、そんなことを思いました。


■おしまい

チームの完成度に差はありましたが、それでもこの点差ほどではなかったと思います。

レアルは早急な立て直しが急務ですが、やっぱり「レアルはレアルだ」という姿を見せて欲しいですし、その意味でもCLでユーベとの試合を観たいなと思います。これ以上ない相手を迎えて意地を見せて欲しいなと。

バルサはリバプールとぜひ戦って欲しい。メッシ抜きだと厳しいと思いますし、試合中の選手交替が勝負の行方を左右しかねないので、ラフィーニャを始めこの試合の途中交代組も重要になると思います。

そんな妄想を書いたところで、今日はこれにて。

ワールドカップの日本代表雑感。

残念ながらベスト16で敗退してしまいましたが、サッカー日本代表の印象を簡単にまとめておきます。


■コロンビア戦

開始数分でのPK獲得&相手選手退場が全てだった試合ですが、それでも(特に後半に)試合運びを修正できたことが大きかったですね。
結果にも繋がりましたし、進歩を感じた部分でもありました。

初戦かつ予想外の展開だったので、細かな指摘にさほどの意味があるとも思えませんが、個人的に気になったのは以下のような点でした。

まず、前半の間は選手の意思統一ができなかったこと。
これは結果論で言えば、三戦目で最後のボール回しを監督が指示したことにも、四戦目の最後の失点(の直前のコーナーキック)にも繋がっている気がします。

そして厳密に言うと後半も、縦に急ぐ選択と完全に後ろに下げる選択のいずれかを、選手が決め打ちしている感じを受けました。
もちろん一つの選択肢に固執気味だった以前と比べると格段の進歩ですが、世界のトップは「状況を見て自動的に判断を下す」域にあるので、あとほんの一歩だけ頑張って欲しい部分です。
とはいえこの点に関しては、不満よりも進歩を感じ取れた喜びの方が大きかったのですが。

それに対して、守備時の戦術的な動きは微妙というか、観ていて怖かったのが正直なところ。
ただ、この試合ではそれを強く指摘しづらい部分もありました。
それは例えばペナルティエリアのすぐ手前で相手選手がフリー→落ち着いてトラップしている間に必死に寄せてボールを身体に当てる、といった「怪我の功名」とでも言うべき場面が何度もあったからです。
それと好対照だったのがベルギー戦で、相手選手の名に怯えてか一試合目よりも寄せが早く、結果としてワンタッチで躱されてしまうケースが何度かありました(二人目が必死に寄せて事なきを得ていたのは、一戦目と同様に良かったと思います)。

この辺り、どちらが良いとも言い切れないのがサッカーの難しいところで、ただ「個人の判断に頼っている部分が大きい」のは不安要素だなと。
つまり今は、「ある局面における最適解」が存在する場合(特にその判断をゴールのすぐ近くで求められる場合)には、「多くの選手がそのイメージを共有できないと厳しい」という時代だと思います。
勿論それは「戦術の最先端である欧州の基準に従ってプレイしろ」という意味ではなく、模範のイメージを共有した上で、「自分たちに合った行動を取る」という方向性が王道ではないか、という意味です。

具体的には、今大会ではほとんどの国が4-4-2で模範的な守備を構築できていた一方、我が国のそれは(しっかりと試合を観たわけではないですが、おそらく韓国やパナマも)微妙な詰めの甘さが残っていました。
その至らぬ部分を認識した上で、欧州式の模範に従って、あるいは自分たちがやりやすい形で、埋めれば良いのではないかと思うのです。
あちらでの積み上げを知りもせず「自分たちのやり方」を追及するのは、古来より我が国が陥りがちな傾向ですが、そちらの方向に行くのではなく。
古人曰く「彼を知り己を知れば」を大前提に、対策という部分で「自分たちのやり方」を発揮して欲しいなと、そんな感じですね。


■セネガル戦

内容的には一戦目よりも良く、日本代表の長所が出たと同時に勝ちきれない悪癖も出た試合だったと思います。

この試合で何よりも素晴らしかったのは、初戦で得た自信が選手たちから感じ取れたこと。
その結果、長所が短所をカバーするような。完全に守勢に回った時の不安を、攻勢に出る時間を長くすることで解消するような。そうした良い流れが生まれたのではないかと思いました。

例えば左サイドにおける乾選手の守備は、特に自陣深くまで攻め込まれた場合の対処には不安が残ります(高い位置から守備に入る時の動きは、巷で言われるほど悪いとは思えませんでした)。
しかしそれは最初から分かっている事で、そうした部分に目を瞑り攻撃面での活躍を期待して起用しているわけで。
試合の中でいかにその長所を発揮させ、同時に短所を出させないようにいかに組織を整えるかが重要だと思うのですが、選手も監督も「流れに上手く乗ってそれを可能にしていた」という印象でした。

もっとも、それを「理論的に組織を構築した結果」と受け取れるまでには至っていないのが、もどかしくもありました。
要は、チーム全員ではなく2〜3人、ピッチ全体ではなく局所でなら、「誰かがこう動いてスペースを作って」といった理論的な動きができているのに……という話です。
結果論になりますが、こうした組織的な動きを選手個々の経験や判断に丸投げしていたツケが、先発六人を入れ替えた三戦目で回ってきたと思います。

この試合でもう一つ言及しておきたいのは、交替選手の話です。

一戦目の本田選手はアシストを決めた以外は良いところがなく、ミラン移籍後の凋落を哀しんでいたのですが、チームの良い流れに救われて「試合終盤での選択の一つ」として考えられるまでになりました。
残念ながらその流れは三戦目で途絶えてしまい、四戦目は初戦と同様に不安定なプレイも見られましたが、この時点では存在感が回復基調にあったのも確かなので、それはきちんと明言しておきます。

三人目の交替が宇佐美選手だったのは意外で、今から思えば、ここから博打が始まっていたのでしょう。
監督としては攻撃面でのオプションを増やしたかったのだと思いますが、同点の場面で更に攻撃を偏重させるこの交替は「先を見据えすぎている」「目の前の試合を軽視している」とも受け取られかねない采配で、もし失点していたら致命傷でした。
その最悪の結果こそ免れたものの、あの場面で「攻撃的な交替なし」で勝ち越し点を決められるような段階にはないと、監督自ら認めたような形になってしまったのがどう響くか。
それが杞憂に終わって欲しいと願いながら、ドローという結末を受け止めていました。


■ポーランド戦

先発六人を入れ替えた采配が完全に裏目に出た試合。
そして最後の十数分の振る舞いが世界的な話題になった結果、博打で得た大金を十秒で溶かすという結末に繋がった試合でもありました。

まず博打で得たものから。
決勝トーナメント進出と主力選手の休養という成果を得られた点は、リスクを掛けた価値が充分にあったと思います。

選手の見極めができた、という点は良かったとも言えますが、「使える」と思えた選手が出なかったのは悪い結果とも言えそうです。

個人的には、右サイドに酒井選手を二人並べる形は、守備面では悪くないと思いました(攻撃では物足りなかったですが)。
宇佐美選手は守備を批判されることが多いのですが、この試合では頑張っていたと思います。しかし彼に求めるのは攻撃なので、二戦目に出場した流れを汲んでもこの結果では「大事な場面では使いづらい」という評価も仕方がないのかなと。
山口選手と槙野選手は守備の位置や飛び込むタイミングが怖くて、見ていられないと思った場面が幾つかありました。
武藤選手は周囲と動きが合っておらず、やはり途中交代では怖くて使えないという印象でした。

彼らにとって不運だったのは「監督が戦術的な動きを『具体的に』提示できない」事で、上述したように共通モデルを選手たちが自ら構築する必要がある為に、「連携ができていないので動きがバラバラ」という哀しい結末になりました。
たとえ世界最高の選手を擁しても、「チームではなく個人の集まりに過ぎないのであれば勝てない」とは、アルゼンチンが身をもって示してくれた事です。
前監督の名前を出すと話がややこしくなりそうですが、それでも敢えて言うのであれば、こうした部分でハリル的な要素(戦術の引き出しが豊富)が必要だったと思いますし、同時に「オールジャパン」が今回の好結果を生んだのも確かです。
巷では「これからの日本サッカーの進む道」みたいな話が多く語られていますが、私は単純に「両方とも必要」だと考えています。

話を戻して、明確に「裏目に出た」と言えるのは岡崎選手の負傷交替で、これで攻守両面で計算できる途中交替の一手が失われてしまいました。
その結果、大迫選手を(次いで乾選手も)出さざるを得なくなり、何よりも柴崎選手を休ませる事ができませんでした。
更には、「今いる選手たちでは、点を入れるよりも入れられる可能性が高い」と受け取られかねない、自力でのグループリーグ突破を諦める采配にも繋がっている気がします。
逆に言えば、満身創痍に近い状態で何とか最低限の結果(一点差負け)を得た試合だったという事ですね。

残り十数分の段階で時間稼ぎに入った事は、上記の理由により選手への弁明は必要だと思いますが、外部から非難されるには当たらないと思います。
セネガルが追いついたらピエロなので、それなりの時間を残してのあの選択はリスキーでしたが、残り数分であの状態なら多くの国が時間稼ぎに入るはずです。
その場合でも非難をすると言い切れるメディアだけが「石を投げる」資格があると思いますし、雑音は遮断して済ませれば良かったのですが。
四戦目に、我が国の生真面目な性格が、一番嫌な時間帯に出てしまう展開に繋がってしまいました。


■ベルギー戦

ラスト十秒で全てが泡と消えた事も含めて、現状のサッカー日本代表の全てが出た試合。
選手はもちろん監督以下のスタッフも含めて、彼らを誇りに思える試合だったと思います。

まず前半の途中から、そして後半に一点を取られてからは完全にベルギーの時間帯で、そこを一失点に抑えたのは大したものだと思います。
あの二点目は仕方がないですし、言い方を変えれば、一つ目の失点は悔いが残るし決勝点は本当に勿体なかったと思います。

スタメンから「キーパーの川島選手を外すべきか」という議論は、開幕前にも出ていましたしコロンビア戦の後は更に熱を増していました。
その声に対して、西野監督は「三戦目に川島選手をキャプテンとして出場させる」事で応え、川島選手のプレイも上向きになりました。
これはこれで筋の通った対応ですし、他のキーパーなら一点目を防げたかもしれない一方で、別の場面で失点していたかもしれず、そう考えると川島選手を責める気にはなれません。
誰が悪いというのではなく、「サッカー日本代表としての守備の在り方」みたいな話に繋げて欲しいなと思います。

決勝点の伏線は2-0の時点からありました。
ドン引きして守るのは、既に述べた組織的な理由から、そしてこの大会では他の国々もそれに失敗しているケースが多い事から推奨できません。
とはいえ三点目を狙った結果、打ち合いの様相を呈していたのは少し疑問で、上手く時計の針を進めるプレイをもう少し挟みたかったのが正直なところです。

選手の意思が統一されていたと言えば聞こえは良いのですが、実態は地に足が着かないまま「何となく」三点目を狙うという心理状態に全員が陥っていただけで、「何としても」三点目を取るとか失点を防ぐとか、そうした雰囲気は感じられませんでした。
観ていた我々も含めて「勝てるかも」という気持ちが出てしまった結果だと思いますし、経験不足が出たとも言えそうです。

最後のコーナーキックからのカウンターに対しては色んな意見を見聞きしました。
本田選手は時間稼ぎをして延長に持ち込むか少なくともキーパーが取れない場所に蹴るべきだった。センターバックを残してカウンターに備えるべきだった。山口選手があの位置から一か八かで奪いに行くのは論外だ。誰でも良いからカード覚悟で止めて欲しかった。などなど。

それらに対する反論も色々ありました。
延長を戦えるだけの余力が果たして残っていたのか(確かに)。決めに行くという判断は責められない(後述)。あのボールをキャッチされてデ・ブライネに渡された時点で詰んでいる(私もあの瞬間に絶望しました)。必死に走っても追いつけなかったからこその悔し涙ではないのか(切ない)。などなど。

個人的には「一撃で決めに行く」と同時に「外れた時点でタイムアップになるように時間を調整」すべきだったと思います。
ただ残念ながら、この試合で時間稼ぎを行うことは、生真面目な性格の選手たちには不可能でした。
かろうじて、「勝っている状況でアディショナルタイムに入っていれば時間稼ぎもあったかもね」という感じだったかと。

ここで交替選手の話をしたいのですが、まず柴崎選手と替わって入った山口選手はやはり微妙で、しかし最後はどうしようもない(プレイの選択は間違いだけど、我慢して撤退しても結末は同じだと思う)ので、責められるのは可哀想だなと思います。

本田選手はボールが足に付かなかったり守備時の動きが微妙だったりで、それほど効果的とは思えませんでしたが、モタモタしたプレイが逆に時間を進める効果を生んでもいました。
最後のコーナーの蹴り方からも推測できるように、本人の意思は「早い決着」を望んでいた一方で、そのプレイは「決着を先延ばしに」するような、攻撃のリズムを止めるような動きが多く、アンビバレントな切なさがありました。
誰だったかが「本田が理想とするパスサッカーに、本田自身が一番合っていない」と語っていたのをどこかで目にしたのですが、南アフリカでワントップとして起用されて以来、ついにその矛盾は解消できなかったかと思うと、何とも言えない気持ちになりますね。
野球に喩えるならば、「剛速球で鳴らした投手が投球術を覚えぬまま衰えた」のに似た切なさを覚えました。

話を戻して、本田選手を始めフィールド上の十一人には「時間をギリギリまで使う」という選択は不可能だったと思いますし、そこを責めるのは可哀想だと思います。
では監督がそれを指示すべきだったかというと、やはり三戦目の事があっただけに、難しいでしょうね。
むしろそれができるのなら、2-0の時点でもっと明確な指示が出せていたはずで、八方塞がりとはこの事かと慨嘆したくなります。

この場面で責めるべきは選手でも監督でもなく、我々が陥りがちな「空気」だと私は思います。
時間を掛けてコーナーを蹴るという選択を、選手も監督も考えなかったはずはないわけで。
しかし三戦目に対する世界規模の批判が、関係者全員を「小細工抜きで勝負に出る」という心理状態に陥らせ、その結果があの結末だと思えてならないからです。
その意味では、「オールジャパン」の問題点がここで出たとも言えるわけで、もしも監督が外国人で、空気を読まずに「時間を稼げ」と指示を出していれば、それだけであの結末は防げたのではないかと。
ただ、その場合は「果たしてここまで来られたのか」という疑問が出ますし、結果が覆せない以上は、この経験を未来で活かして欲しいなと、そんな感じですね。


■これから

辛い結末に終わりましたが、今大会の日本代表は贔屓目なしで客観的に言っても「観て良かった」と思える試合が多く、特に最後のベルギー戦は、普段はサッカーに興味がない人にもお薦めできる試合でした。

その要因の一つは、スタメンの大半が日頃から世界最高峰の選手たちとしのぎを削っている点にあると私は思います。
そこで得た経験や知識を「日本代表」という集団の中でどう活用するか、その答えを上手く出せたからこそ、観る人を魅了するサッカーになったのではないかと。

もう一つは、日本代表が「弱小国らしからぬ試合をした」という点です。
強豪国と対戦する時に、他のアジア諸国を始め弱小国は基本的に「引いて守る」選択をしました。
勿論それは引き分けのあるグループステージゆえの選択で、決勝トーナメントでは違っていたのかもしれませんが、日本代表は当初から「ドン引き」をしませんでした。
内情を言えば、「引いても守りきれないから打ち合い気味に行くしかない」という話なのですが、観る側としてはそのほうが試合を楽しめますよね。

私は、これら二つの要因を軽視して欲しくないなと思います。

伝統的に我が国は、海外の文物を取り入れて改善することに長けている一方で、それがある程度の域に達すると極端に内向きになってしまう傾向があります。
外からのインプットを絶やさず、同時に我が国に合った形を模索することを、今後も続けて欲しいなと思います。

また、今回の結果を見ても「強豪国にあと一歩だ」などと思わず、「今回できなかったこと」を今後に繋げて欲しいなと思います。
例えば強豪国がなぜオープンな打ち合いに応じるのかというと、地力が上だという自覚があるからです。
練習試合ではそれで何度か勝つこともありますが、こうした舞台で安定的にベスト8やその先を見据えるのであれば、「強豪国に対策を取らせるようになってからが本番だ」とも言えます。

もちろん今でも「日本の左サイドを狙う」とか「高さのミスマッチを」といった攻撃面での対策はありますが、「戦術的に日本の長所を殺す」ような動きはほとんど無く、唯一コロンビアが香川選手の動きを封じるために前半で選手を替えた程度です。
その後のセネガル・ポーランド・ベルギーはいずれも選手の能力差で押すような戦い方で、そう思うと、より組織的な相手と対戦できなかったのは残念でした。
まあ、それはアジアとの戦いで経験すれば良いという話もあるのですが……。


■リンク

Yahoo!で読める記事にざっと目を通した中で、印象に残ったものをまとめておきます。
これらの他に個人ブログにも面白いものが幾つかあったのですが、文章に癖があるものが多いこと、ごく一部しか確認できていないことから、そちらの紹介は控えます。

・第一戦
【岩政大樹】ハメス投入が逆効果!日本は巧みにコロンビアの狙いを外した
オシムが語るコロンビア戦。「日本は相手の退場で勝ったのではない」

・第二戦
個で上回っていたセネガルの誤算。日本のビルドアップの高度な工夫
林舞輝の日本代表テクニカルレポート第2回:日本対セネガル

【岩政大樹×セネガル戦】守備を助けた攻撃との好循環。自信を深めた勝ち点1の価値【ロシアW杯】
オシムがセネガル戦を絶賛。「日本の強さはポーランドより上」

・第三戦
【オシムの教え】西野監督の判断を支持「間違いではない」…先発6人変更には疑問

・グループステージ総括
強豪国の苦戦が目立ったグループリーグ
効かなくなったハイプレスと撤退守備 西部謙司


・第四戦
【岩政大樹】怯まず挑んだベルギー戦。「日本らしいサッカー」は輪郭を見せ始めた
イビチャ・オシム氏「素晴らしい試合だった、日本はもっとできる」世代交代の必要性も

「同じ名前ばかりじゃないか」と怒られそうですが、変に細部に拘ったり指摘が的外れな記事が思いのほか多く(他山の石としたいですね)、これぐらいしか残りませんでした。


■おしまい

書き終えて毎回のように思うのですが、「簡単にまとめる」ってたぶん使い方を間違えていますよね。
ここまで長々と読んで頂いて、ありがとうございました!

以上、今日はこれにて。

クラシコCL雑感。

昨今は、試合のダイジェスト程度ならいくらでも動画サイトで確認できる時代ですので、以下ではざざっと気になった部分だけを書き残しておきます。


■12月のクラシコ

一つ目の話題は、失点時のコヴァチッチの動きについて。

メッシを警戒するあまり、ラキティッチのドリブル独走をお膳立てするかのような動きになったのですが、現地ではそれほど酷い言われようではなかったみたいで何よりでした。そう思う理由は二つ。

この時のモドリッチとカゼミロの位置および動きを確認すると、彼らにも責任の一端があるように見えるのが小さい方の理由。

そして大きい方の理由は、2015年のCL決勝を思い出して欲しいのですが、当時ユベントスに属していたピルロがメッシを警戒して距離を詰め、それによって生まれたペナルティ・エリア内のスペースにイニエスタが走り込んで先制点に繋がりました。

でも、このピルロの動きを批判した人って(指摘した人は少なからずいましたが)あんまり記憶にないんですよね。

少なくとも今回のコヴァティッチほど責められてはいなかったはずで、個人的には「そう動きたくなる気持ちは分かる」という意味で類似のプレイだと思うだけに、お咎めなしみたいで何よりでした。


二つ目の話題は、解説の宮本さんについて。

前半の終わり頃からハーフタイムの辺りで「バルセロナの中盤の守備の曖昧さ」について話題に出されていたと記憶しています。

で、私の印象としては「局所的には宮本さんの論が正しい」けれども、「チーム戦術として、あるいはピッチ全体として見ればどうかなぁ?」というものでした。順を追って説明していきます。

まず一つ目ですが、基本的にバルサやレアルそれにスペイン代表というチームは「センターバックやキーパーに踏ん張って貰ってなんぼ」という傾向が少なからずあります。

十年ほど前を思い返しても、プジョルやバルデスが身体を張ってギリギリ防いだ試合はいくつもありましたし、カシージャスがW杯決勝でロッベンとの一対一を凌いだ場面を思い出す方もおられるかと。今ならピケやラモス、それから両キーパーが活躍するシーンが、一試合に何度か見られます。

それから二つ目は、局所の最適解を積み重ねるのが全体にとって最善かというと、それは違うというお話。

そもそも、緩い部分を厳密にしていくと、どうしても肉体的・精神的な疲労が溜まっていきます。選手が機械ではない以上は限度があるわけで。なのにそこに拘る宮本さんの解説を聞いていて、指導者として大丈夫かなと少し不安になりました。

三つ目は二つ目と少し重なりますが、例えば両クラブとも、サイドバックの裏のスペースは守備では弱点になります。でも攻撃の主導権を握って相手を押し込めば、それは問題ではなくなります。

それと同様に中盤の守備が緩いことは、最終ラインが相手の攻撃に耐えた暁にはカウンターに繋がります。一方で、レアルの中盤の選手たちの技術の高さを見るに、厳密に守備を整えてもボールを奪えるとは限らず。ならば攻撃に繋がる姿勢を見せる方が期待値は高くなるかもしれません。

最後の話は所詮は仮定の話ですし、バルセロナの守備に緩さがあったのも確かですが、極端な話「斬り合う気が満々でこの形を選択した」のであれば、改善する必要はないんですよね。

強調しておきたいのは、「局所の最適解」を導けるのは褒められるべき事です。でもその最適解の「使いどころ」を間違えてしまえば、どうにもならないわけで。

宮本さんと言えば、将来的にはガンバや代表の監督をと期待されている存在だと思うので、「部分を気にしすぎて全体を崩してしまう」事のないように、着実に成長して欲しいなと思って書き残しておく次第です。


■5月のクラシコ

長くなったので手短に。
最近のバルセロナの問題点について。

今シーズンもリーガと国王杯の二冠を獲得しているとはいえ、ここ数年は終盤の大事な時期に乗り切れない印象が強いです。

新監督になって守備の安定感が向上したと言われますが、結局は一発勝負のトーナメント戦(CL)でも、無敗優勝が見えてきたリーガの試合でも、守備に綻びが出てしまったわけで。

では、やはり問題点は守備なのかと言えばそうは思えず、むしろ「点を取るべき時に取っていない」ことが響いた結果という印象です。

で、この流れで攻撃の中心たるメッシの話になるのですが、最近はクラシコですらスロースタートな感じで、止血用のガーゼを噛みながら本気のプレイになったレアル戦の辺りから、そうした傾向を感じていました。

早い話が、メッシを筆頭に選手たちのモチベーション管理に失敗しているのではないかと。

そして、昨シーズンのCLでパリを相手に逆転で勝ち上がった時には「バルサのレアル化(=最後には勝つ)」みたいな気配を感じたのですが、今のところは「やらかす傾向」のほうが勝っていて。

一方のレアルは、中盤のパスや連携などではバルサを上回って久しい状況です。そうした「バルサ化」に加えて勝負強さが並外れているだけに、大事な試合ほど負けるイメージが湧かないというのが正直なところです。


■CL決勝

実際、先週末のこの試合でもサラーが交替するまでの15分間は見応えがありましたが、以後は「いつもの」という感じでした。

ジダン監督の采配には時に素人でも首を傾げるような疑問手があって、その辺りが実績の割には微妙な評価に繋がっているのだと思います。

おおむね「戦術面では褒めそやすのに不安が残る一方で、モチベイタとしては超一流」みたいな評が一般的かと。

ただ個人的に凄いなと思うのは「勝負の流れを完璧に踏まえている」ように見えることで、「負ける時には負けておく事で勝負所で勝ちを逃さない」とでも言えば良いのか。あるいは失敗がより良い未来に繋がる感じで、敵にしたくないなと強く思います。

例えば昨シーズンのCLバイエルン戦では敵地で先勝しながらもホームで追いつかれて延長戦になり、結局はロナウドのハットで勝ち上がりました。その結果、メッシを抜いてロナウドが単独得点王になりました。

希望を見せておいて延長で三点取って勝つという、バイエルンにとっても一番嫌な形ですが、メッシにしても「なんじゃそれ」って言いたくなるような展開だったと思います。

少なくとも私がメッシの立場であれば心が折れる自信がありますし、「ロナウドに点を取らせるために、わざと延長にしたのかよ」と難癖を付けたくなるレベルですね。


おそらく、ジダン監督のレアル・マドリードは、負ける時にはあっさり負けると思います。でも大一番になるほど(決勝に近いほど)負ける姿が思い浮かばなくなります。

強いて言えば、やはりバルセロナ相手が一番結果が読めないものの、安定感や地力で差があるだけに、来期も優勝争いはマドリーが中心になるのでしょう。

そうした構図の中で、意外なクラブや新たな選手の活躍を楽しみにしたいと思っていますし、その前にワールドカップも楽しみですね。


そんなところで、今回はこれにて。

CL決勝雑感。

今更ですが、クラシコの話をする前に書いておきたいと思ったので、半年前のチャンピオンズリーグ決勝のお話をば。


■スタメン

キーパーはナバス。
DF右からカルバハル、ヴァラン、ラモス、マルセロ。
中盤底にカゼミロ、その前にモドリッチとクロース。
トップ下にイスコ、2トップにベンゼマとロナウド。
基本は4-3-1-2で、守備時にイスコがサイドハーフの守備に入りフラットな4-4-2になる時も。

キーパーはブッフォン。
DF右からバルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ、サンドロ。
中盤右からアウベス、ピヤニッチ、ケディラ、マンジュキッチ。
トップ下にディバラ、1トップにイグアイン。
守備時はこの4-4-1-1が基本で、攻撃時にはサンドロを中盤に上げマンジュキッチを前線に押し出した3-4-3と考えると分かりやすいかと。


■点を取る形

ユベントスは、ボヌッチから前線左サイドのマンジュキッチを狙ったロングボールを明確に狙っていた印象があります。そして得点シーンも、ロングボールを受けたのはマンジュキッチではなったもののゴール前でボールを繋いで、最終的には彼がシュートを決めたのだから、まずまず計画通りと言って良かったかと。

ただ問題は、このメンバーの中で潜在能力が抜けているディバラを活かせなかった点にあったのかなと思います。ハーフウェイラインまで戻って組み立てに加わる場面が何度かあり、そのセンスは流石だなと思わせるものがありましたが、ゴールから遠いこんな位置でプレイしてもなあ……というのが正直なところでした。

対するレアルはロナウドに点を取らせる形が明確で、守備面での怪しさを補って余りある形になっていました。とはいえこれは結果論と言えば結果論ではあります。以下、レアルについて。


■ジダン監督

この試合でも、中盤の守備という点では色々と怪しい場面がありました。またシーズンを通して振り返っても、変なところで負けてしまったり調子が上がらない時期もあり。監督にも、多くの人が首を傾げたくなるような奇妙な采配が何度かありました。

それでも、勘所は外していないという印象で。この試合でも失点の危険性は(中盤の守備の緩さの割には)あまり感じませんでしたし、シーズン二冠を達成しましたし、采配の失敗が尾を引くこともありませんでした。

グアルディオラ監督と比較すると解りやすいと思うのですが、彼が消化試合を除く全ての試合で完璧を目指そうとするのに対して、ジダン監督は何と言うか、失敗できる時には失敗しているという印象があります。それが結果的にはタイトル獲得に至る安定したルートをもたらしているという気がします。

これは考えてみると、とてもバルサらしい、とてもマドリーらしい在り方に思えます。会長の存在も含めた、ラポルタ政権下のグアルディオラ、そしてペレス政権下のジダンという対比には、色々と考えさせられるものがありますね。


■個人と組織

グアルディオラ監督の登場以来、個人と組織のどちらが大事かという問いは複雑さを増しました。つまり、並外れた個人を活かすためにトップレベルの選手達が組織を作れば最強ではないか、という主張が結果と共に提示されたからです。

しかし組織の複雑さは年を追うごとに高まり、その完成度の前には、世界最高レベルの個人であっても単独では突破が不可能に思える域にまで至りました。

つまり、ビッグクラブであろうとも欧州での戦いを勝ち抜くためには、緻密な組織の構築と、同時に超一流の個人を確保するのが必須となりました。

この試合を観ていて、やはりメッシとロナウドを擁しているバルサとマドリーの優位性を思わずにはいられませんでした。更に、この両クラブは二人の後釜とも言えるネイマールとベイルをも擁していました。あれから半年が過ぎた今、片方はチームから去り、片方は怪我が絶えないからと放出候補にさえ名が挙がりかけていますが、この時にはそんな風に思ったのでした。


■CLの行方

事実、この四年間は両クラブが優勝を分け合っています。そう言うとマドリーのファンからは不満を言われそうですが、四年間に三度の優勝を誇るマドリーも、そしてバルサも、お互い永遠のライバルを直接下しての優勝はありません。それどころか、以下のような事実があります。

2017年:バルサを破ったユベントスを決勝で下してマドリー優勝。
2016年:バルサを破ったアトレティコを決勝で下してマドリー優勝。
2015年:マドリーを破ったユベントスを決勝で下してバルサ優勝。
2014年:バルサを破ったアトレティコを決勝で下してマドリー優勝。
2013年:マドリーを破ったドルトムントを、バルサを破ったバイエルンが決勝で下して優勝。
2012年:マドリーを破ったバイエルンを、バルサを破ったチェルシーが決勝で下して優勝。

なお2011年は、準決勝でクラシコを制したバルサが優勝しています。今シーズンもこの流れが踏襲されるのか、それともスペイン以外のリーグから5年ぶりに優勝クラブが出るのか。

もちろん相手のある勝負である以上は、他のクラブの動向にも左右されます。特に今シーズンは各国で、クリスマスの時点でリーグ首位を独走しているクラブが多く出ています。マンチェスター・シティ。バイエルン・ミュンヘン。そしてパリ・サンジェルマンといった顔ぶれを相手にすると、スペインの二強であっても勝負は予断を許しません。

それでも、そうしたクラブの側からすればやはり、この二つのクラブの動向が気になるのは間違いないと思います。単にリーガ・エスパニョーラの優勝の行方を左右するに止まらず、CLの行方にも影響しかねない両チームの対決が、先日行われました。いわゆる、クラシコです。


■つづく

明日か明後日に書けると良いなぁ……(書けなかったらごめんなさい)。

クラシコ雑感

なかなか時間が取れず今更ですが、クラシコについて簡単に書き残しておきます。

個人的には、クラシコはバルサ優位のほうが楽しめるイメージがあります。それはどんな逆境でもレアルはレアルであり、一方でバルサは逆境で為す術なく敗れる印象があるからですが、ペップ時代より前のバルサを知らない人々からするとイメージは逆になるのかもしれません。

また最近のクラシコは戦術的に硬直している部分があり、どちらが勝つにせよ内容に不満が残る試合が多いように思います。

以上のような理由から、今回のクラシコもさほど期待せず観ていたのですが、それが半分当たって半分外れたという試合でした。


■バルセロナの攻撃

まずメンバーから。GKシュテーゲン、DF右からセルジ・ロベルト、ピケ、ウムティティ、ジョルディ・アルバ。中盤底にブスケツ、左にイニエスタ、右にラキティッチ。前線右からメッシ、スアレス、パコ。守備時にはパコが中盤左に入って4-4-2になっていました。

中盤の構成力でレアルに劣るようになってからどれほど経つのか。全盛期のシャビ・イニエスタ・ブスケツが君臨していた頃と比べると雲泥の差で、軽くプレスを受けただけで前にボールを運べなくなる状況は見ていて切ない限りです。

それはピッチ上の面々も理解しているのか、或いはキーパーまではあまりプレスに来ないレアルの守備上の約束を逆手に取ったのか、キーパーに戻してメッシにロングボールを蹴る場面が時々ありました。こうした動きはリーグ戦でボールを運べないときにも見掛けるので一つの選択として認知されているのだと思うのですが、それで何故かメッシが競り勝ったりするのだから不思議なものです。

レアルの守備にも助けられて、この試合ではメッシに一対一を挑ませたり、メッシからのパスを引き出すような動きが多く見られました。悪い時のバルサは他に手がないので守備の形が整った敵めがけてメッシが特攻→失敗→カウンターという後手に回る展開が多いのですが、この試合ではボールを前に運べさえすれば、主導権を握った状態でメッシを活かす攻撃ができていたと思います。


■レアルの守備

こちらもメンバーから。GKナバス、DF右からカルバハル、ナチョ、ラモス、マルセロ。中盤底にカゼミロ、その前にモドリッチとクロース。前線はベイル、ベンゼマ、ロナウド。守備時にはロナウドを上げて4-4-2になるのは同じですが、開始直後はベイルが左サイドに居たりと変な形でした。そのベイルは前半のうちに負傷交替しています。

前述のバルサの問題があったので、おそらく前線から熱心にプレスをかけてショートカウンターを連続させれば高い確率で複数得点を得られたように思います。しかし週の半ばにCLで120分を戦い抜いたこともあり、そこまでしなくても勝てるという自信もあったからか、前線から守備を発動するのは気紛れという程度の頻度に止まりました。

ブスケツへのマークもさほど厳しくなく、前を向いたメッシを4-4で緩く迎え撃つ守備は、さすがに相手を舐めすぎているように思いました。前線からの守備をしない場合でもブスケツはベンゼマにしっかり見て欲しいところですし、カゼミロが先読みで相手の攻撃を潰していたとはいえ、中盤での連動した守備の強度は低調なものでした。上手く相手選手を囲む良い守備がたまにあるという程度でした。


■軽い守備が失点を招く

レアルの2点目とバルサの3点目は、いずれも軽いプレイが裏目に出た形になりました。自陣奥深くであれほどマルセロをフリーにしたラキティッチも問題なら、セルジ・ロベルトの長駆を許したマルセロも問題だったと思います。

とはいえ両選手の局所のプレイに問題があったと言うよりは、それらが象徴する全体的な軽い守備に問題があったのだと思います。両選手はただ単にババを引いただけという感じですね。

そして両チームの守備に問題があれば試合はダレるものですが、そうならなかったのは両チームの攻撃への意識が際立っていたからなのでしょう。10人になったレアルが前に出た姿勢も見事なら、ラストのプレイでメッシが最後に姿を現して千両役者ぶりをアピールしたのも見事でした。

欲を言えばイスコが(それもスタートから)見たかったところですが、それはアトレティコとの試合でのお楽しみという感じですね。


■結論

最初に書いたように、戦術的には意外な部分は全くありませんでした。モウリーニョがぺぺを中盤で使ったり、ペップがアウベスをウイングで使うような奇抜な策もありませんでしたし、メッシに常にダブルチームで臨んだり、ロナウドがサイドを変えるごとにプジョルの位置を変更するような緻密な守備も見られませんでした。

一方で、観る人にとって面白い試合になっていたのも確かです。レアルのファンからすれば当然に不満の残る結果ですが、最後以外は内容も良かっただけに、あまり尾を引かないような負け方だったのではないかと思います。ペップ時代のバルサは次に対戦するが嫌になるような勝ち方でしたからね。

今シーズンも終わりが近付いて来ましたが、リーグ戦での上位対決は終わったもののCLでマドリー・ダービーがあるので、それを楽しみに待っています。個人的な希望としてはリーグがマドリー、CLがシメオネ・アトレティコ、国王杯がバルサでタイトルを分け合って欲しいなと思っております。

以上、今日はこれにて。

レアル・マドリード対アトレティコ・マドリード

ちょっと余裕がないので、まとまりに欠けるかもしれませんが、ざっと試合を振り返ります。


■ジダン監督の采配

ジダンの采配は所々で良く解らない、というのが正直なところ。詰めの甘い部分は色々とあるのですが、それが問題になるより前にしっかりと仕込んだ部分が成果に繋がって結果を出しているという印象です。

大まかに言うと、切り捨てる部分を選ぶのが上手いという点が監督としてのジダンの最大の長所で、逆に状況の変化に対応しきれないという点が最大の短所かなと思います。


この試合でジダンが選んだのは、相手にボールを渡した上でのショート・カウンターでした。まるで相手のお株を奪うかのように、前半のアトレティコのビルドアップを妨害する守備はよく練られたものでしたし、自陣の後方から繋ぐ事に執着しない辺りも監督の意図が選手に浸透していたと思います。

とはいえ、レアルは伝統的にボールを持って攻撃するチームですし、守備のタスクを選手に徹底するのは難しいものです。ジダンの選手時代の実績がそれを可能にしているという分析もありますが、例えばモウリーニョ時代と比べると守備面での拙さはありますし、つまり選手に守備の意識を徹底できているとは自分には思えませんでした。


それが表面化したのは後半になってアトレティコが4-3-3に変更してからでした。この試合のレアルは4-4での守備を基本としていて、たまにロナウドが守備に加わると4-1-4に移行する形。その辺りの判断はカゼミロやクロースに任されている印象でした。しかしアトレティコがサイドに選手を多く置くようになると、カバーの決まり事などがあやふやだったのでそこからチャンスを作られたり、ゴール前で相手選手に前を向かせる場面も増えて来ました。

こうした状況に対して、ボール保持を高める為にイスコを投入したり、右サイドの守備を手助けする為にルカス・バスケスを投入するのは、理由としては理解できるものでした。しかし、それをピッチ上の他の選手が理解していたかというと難しいものがあります。特に前線の選手達としては、前半同様に全体的に押し上げて、カウンターであれポゼッションであれ自分たちの攻撃の時間を増やしたいという気持ちが強かったように思います。


こうした明らかな綻びがありながらも、ジダンのチームは失点を1に抑える事に成功します。この辺りは「ジダンは運命の女神に愛された存在だ」という分析に頷きたくもなりますが、一方で監督としてのジダンのバランス感覚ゆえではないかと思う気持ちもあります。

仮定の話ですが、もしもベニテスやモウリーニョが指揮を執った場合、ジダンに比べて選手に要求する守備面での動きはもっと複雑かつ多大なものになると思います。そして物事は、指示が長大でどんな状況にでも対応できる内容であるほど上手く運ぶかというと、決してそんな事はありません。むしろ、最低限の指示に絞ってそれを完璧に履行させる代わりに、指示以外の事については臨機応変にと現場に任せてしまう方が、良い結果に繋がる事が多々あります。

自分が考えるジダンの長所とはまさにそれで、そしてこれは短所と表裏一体のものでもあります。仮にアトレティコが同点に追いついた勢いのまま攻撃を続けていれば、大人しく敗北を受け入れる以外の選択肢は無かったと思います。



■ジダン監督の采配その2(クラシコ)

ここで、今シーズンのレアルにとって転機となった一戦。先月の敵地でのバルセロナ戦を少し振り返っておきます。


この試合でもレアルの守備は4-4が基本で、ロナウドが戻って来るなら余った一人が相手のボール保持者にプレスを掛けるか、それとも中盤の底で一人余らせるかという仕組みでした。ロナウドは確かに自陣深くまで下がって守備を頑張る場面もありましたが前線に残っている時もあり、守備面での貢献は巷で褒められているほど確実ではなかったように思いました。ベンゼマのブスケツへのマークはさほど厳しいものではなく、バルセロナのビルドアップを妨害できていたかというと微妙でした。

微妙な点は他にもありました。まず4-4の守備が中央に偏っていて、サイドに選手を増やされたらどう対応するのかという不安が残りました。クラシコではメッシもネイマールも中央突破に執着したので大した問題にはなりませんでしたが、この点は先に述べたようにアトレティコに付け入られる隙となりました。

更に、前半はボールを奪った後のビルドアップが整備されておらず、BBCが自陣の深い位置からダッシュをして少人数で攻撃を終わらせるしか方法がありませんでした。こうした幾つもの綻びゆえに、後半にバルセロナが先制した時点で勝負は決したかと思いました。


しかし、長所が場合によっては欠点にもなるように、付け入る隙だと思われた点が状況が変わると利点になることもあります。前半はBBCのスプリント頼みだった攻撃のお陰で、他の中盤の選手は体力を温存することができました。バルセロナ相手に後半の途中でバテてしまう展開はレアルに限らずよく見られる現象ですが、この試合のレアルの選手達は後半の終了間際まで走れる体力が残っていました。

また、前半に相手の攻撃を受け続けたことで、早い時間に相手のボール回しに慣れたのも有利に働きました。後半のマドリードは相手のビルドアップを妨害できる選手配置になっていて、これは事前の準備に前半の経験が加わることで精度の高いものになっていました。おそらくこの時の経験がアトレティコ相手の前半にも活きたのではないかと思います。

同点に追いつく少し前からのレアルの攻撃は素晴らしく、そして内容そのままに逆転で勝利という結果も得ました。アトレティコほど守備面での完成度はなく、バルセロナほどポゼッションからの攻撃の精度が高いわけではなく、しかし短所を晒しつつも長所で相手を押し切れるクラブ。中でも相手のビルドアップを妨害してからのショートカウンターの冴えが抜群の、対戦相手にとって嫌なチームが、この時に完成したのではないかと思いました。



■シメオネ監督の采配

まず采配の話の前に、アトレティコの最大の強みが守備であるのは確かですが、彼らとてスペインのクラブであるだけにポゼッションは普通にできます。つまりボールを持たされてもそれほど苦にせず、レアルやバルセロナ相手であっても自ら攻撃を仕掛ける時間帯を作る事ができるチームです。この事は過去のリーガ・エスパニョーラでの試合を見れば判ることだと思います。

つまり、この試合の前半にアトレティコのビルドアップが上手くできなかったのは、彼らに原因があるのではなくレアルの守り方が上手かったからだという事です。先に述べたように、クラシコの後半にはバルセロナのビルドアップにすら対応していた面々が相手です。前半の光景だけを見てアトレティコはボールを保持しての攻撃が下手だと断じるのは勿体ないことだと明記しておきたいと思います。


さて、そんなわけで先手を取られたアトレティコでしたが、先制した後のレアルが少し引いたことで徐々にボールが運べるようになり、そして後半からシステムを変更することで試合の流れを引き寄せることに成功しました。しかし同点に追いついた後、2トップに戻したことで自ら得た流れを失いました。

残念だったのは、延長上等という姿勢に見えたのに延長に入ってからも積極的に前に出られなかった点でした。前回の決勝で90分で力尽きたトラウマがあったからか、それともピッチ環境が悪く敵味方ともに足を攣る選手が続出したのが誤算だったのか。仮に90分で決着を付けるという意識で同点後も戦っていれば、試合はほぼ確実に彼らのものだったように思います。


シメオネ監督の采配については、去年までで既にスタイルが完成しているだけに、予想外の一手というものはありませんでした。とはいえ、ほぼ同じメンバーで4-4-2から4-5-1から5-4-1まで細かなバージョン違いも備えつつ変化させられるのは、監督がチームを完全に掌握している事と戦術に深い理解がある事の証拠ですし、それ以上を求めるのも難しいように思います。

バイエルンのグアルディオラ監督もですが、できる事を最大限に突き詰めてチームの弱点を徹底的に克服して来た監督が最高の結果には届かず、一方で素人目にも幾つか隙があるように思えるチームが最高の結果を得られるというのは、ある種のアイロニーでもあり、しかし納得できる展開でもありますね。



■おしまい

最高の結果を残したジダン監督ですが、来シーズンはチームがより攻撃を志向することになるのでしょうし、そこでの舵取りは難しいものになると思います。少し前にチェルシーでCL優勝を果たしたディ・マッティオ監督と境遇が似ている気がして不安になりますが、彼ならではのバランス感覚で内容と結果を両立させてくれる事を願っています。

シメオネ監督は退任の可能性もあるとの事ですが、彼の存在なくしてリーガで二強と争う事も、CLで優勝を目指す事も難しいと思うので、何とか気持ちを切り替えて今季と変わらぬ強いチームを来期も見せて欲しいものです。

ユーロは参加国が増えてレベルが落ちそうですし、コパ・アメリカは去年に続いての開催で、サッカーを見るモチベーションが低下気味ですが、来期もまたレベルの高い戦いを見られる事を願いつつ。
今日はこれにて。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

レアル・マドリード対バルセロナ

特にどちらかを贔屓にしているわけでもなく、自滅による一方的な展開も好きではないので感想を書く気が起きなかったのですが、試合を見直す機会があったので簡単に書き残しておきます。


■スタメン

敵地に乗り込んだバルセロナは4-3-3。キーパーがブラボ。ディフェンスは右からアウベス、ピケ、マスチェラーノ、アルバ。中盤は底にブスケツ、右ラキティッチ、左イニエスタ。前線は右にセルジ・ロベルト、左ネイマール、中央にスアレスという布陣でした。怪我明けのメッシはベンチから。

本拠地で迎え討つレアル・マドリードは4-2-3-1。キーパーがナバス。ディフェンスは右からダニーロ、ヴァラン、ラモス、マルセロ。中盤は右にモドリッチと左にクロースが並んで、その前に右からハメス、ベイル、ロナウド。1トップにベンゼマでした。


■マドリーの守備組織

一応は4-2-3-1と書いたものの、守備の局面において前線の4人はあまり戻って来ず、極端に言えば4-2-4のような形になっていました。4人の中ではまだハメスが守備に戻って来ていた方ですが、それでも移籍初年度のベイルがクラシコで守備に奔走していた姿と比較すると雲泥の差で、強豪相手ですら守備を選手に徹底できていない監督の手腕が問われる展開だったと思います。

また、攻守分断であっても前線の選手達が連動して守備に動くと相手にとっては嫌なものですが、この日のマドリーの選手達は個々人が勝手に動いているだけで、バルセロナの守備陣に簡単にボールを運ばれていました。ベニテス監督はリバプール時代、前線からのプレスを武器に粘り強く戦って、バルサとレアルを相手に敵地のCLで勝利した過去があります。しかし、それが完全に過去の栄光であると思わせるほどチームとして形になっていない姿がそこにはありました。


■バルセロナ対策の変遷

2008年にペップが監督に就任して以降のバルセロナに対し、各チームは色々と対策を考えて来ました。それに対し、バルセロナも更なる対策を立てるという繰り返しで、そうした戦術的な応酬は、ここ数年のサッカー観戦を盛り上げる一つの重要な要素となっていたように思います。

右サイドでメッシを孤立させる策に対し、敢えて攻撃時に右サイドを空にしてメッシを中央でプレイさせる0トップ(偽9番)。それに対しゴール前にセンターバックを4人並べて実質6-4-0で防いだチェルシーや、4-5-1で中盤を厚くした上に1トップもブスケツに張り付かせてバルサの中盤を妨害したモウリーニョ他のライバル達。更には中盤にバルサのプレスに負けない巧さを備えた選手を配した上で、サイドを捨てる中央圧縮の4-4-1-1でバルサ対策の雛形を示したペジェグリーニのマラガ。この形ではセカンドトップがブスケツ番になりますが、守備組織を整えて相手を追い込んだ上でメッシかブスケツからボールを奪うという方針が、バルサ対策の基本となりました。これは勿論、彼ら二人の存在感の大きさの証明でもあります。

戦術として確立したバルサ対策に対し、セスクに中盤と偽9番とメッシのフォローというワーカホリックな役割を与える3-4-3や、両ウイングをサイドに張らせる4-3-3などで戦術の幅を広げようとするバルセロナでしたが、それは彼らの戦術の基本である4-1-2-3にメッシの0トップと前線からのプレスを組み合わせた布陣の完成度を落とす事になりました。その結果、チームはメッシの得点力に深く依存するようになり、メッシもまた走らない等と批判を浴びる事になります。

そうした悪い流れの中で、バルセロナは昨シーズンが始まる前にスアレスの獲得に踏み切りました。移籍金の高さや彼の問題行動、更に前線三人の連携など不安な意見は多々ありましたが、バルサの選手達はそうした声を結果でねじ伏せました。相手チームの多くは、彼ら三人を相手にするよりも彼らにボールが届かないようにする戦術で試合に臨みました。実際、昨年のクラシコでも、中盤の選手の顔ぶれではバルサよりもレアルの方が上回っていた印象があります。しかし、ロングボールを厭わず、カウンターも備え、リードした展開では無難に後方でボールを回す事も忌避せず、そしてボール繋ぎと前線からのプレスも徐々に往年の水準を取り戻していったバルセロナの前に、ライバル達は敗北を重ねました。

今シーズン、どのクラブがバルサを止めるのか?に加えて、どのように止めるのか?という観点で盛り上がっているサッカーファンは少なくないと思います。そして、相手の戦術を受けて対策を立てるという点で、ベニテス監督は期待されていたように思います。が、残念ながらこの試合では、そうした楽しみを体験するどころか、可能性すら感じられなかったように思います。


■今後の期待

今回の敗戦で、どれだけ自軍の攻撃陣が優秀でも、無秩序にバルセロナに挑むだけでは勝つ見込みが少ないという事実が明らかになりました。監督がこの結果を上手く利用してチームを立て直せるのであれば、モウリーニョ初年度の敵地クラシコ5-0や、スコラーリのユーロ2004初戦ポルトガル対ギリシャ1-2などと同じように、この試合にも意味があった事になります。

残念ながら我が国では、サッカー解説において戦術が脚光を浴びる事は今なお少ないように思います。戦術よりも選手の局所的な動きなどが過大に評価される傾向があるように感じます。サッカー中継を見ていて、「勝利の秘訣は選手個々の人間力」(Jリーグ、チャンピオンシップ)とか、「MSN(メッシ、スアレス、ネイマール)やバルサ相手に戦術とか対策とか無意味」(CLバルセロナ対ローマ)などと言われると、何だか哀しくなって来ます。

選手個々の動きやスキルが重要な事に異論はありませんが、一方でチームとしての戦術もまた重要な要素であり、それが結果に与える影響を目の当たりにできる試合を観戦した時などは、その楽しさは他に比較できないものがあります。安易な批判をしたいわけではなく、できれば解説の方々にはそうした楽しみを視聴者に紹介して欲しいという事と、そして試合に望む選手や監督以下チームスタッフの方々には、そうした楽しさを体験できる試合運びを見せて欲しいものだと思うのです。

今シーズン、バルセロナを試合内容で上回るのがどのクラブになるのか分かりませんが、やはりレアル・マドリードにはその役割を期待したいというのが正直なところです。次の対戦までにチームを建て直して、実力伯仲の勝負を見せて欲しいものだと希望を述べて、今日の所はこの辺で。


テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

ユベントス対バルセロナ

本日未明に行われた欧州チャンピオンズ・リーグ決勝:ユベントス対バルセロナの一戦について、簡単に感想を書き残しておきます。

なお、今調べてみたところ、昨年の決勝は何も書けないまま結果的にスルーしてしまったみたいで残念でした。去年の決勝戦はマドリード・ダービーだったわけですが、今シーズンも昨シーズンもこの両者は何度も対戦をしていて、そして去年の対戦は色々と見応えがあるものでした。つまり前の試合の内容を受けて両者が対策を練ってそれが更に次の試合に影響して……という繰り返しで、そうした両者の積み重ねが本当に興味深いものだったのですが。。そうした密度の濃いやり取りを端的にまとめきれず、情報量に翻弄されて遂に文章に書き残すのを諦める事になったのでした。今年のダービーは展開に目新しさや発展性がなくひたすら我慢比べの展開が続いただけに、去年の両チームのやり取りをまとめていれば、、、と少し後悔しております。昨シーズンの両チームの対戦を見られる環境にある方は、ぜひ時系列に堪能して下さいませ。と、長すぎる前置きはここまでにして、本題。


■試合の印象

何というか、ふわふわした印象の試合だったと思います。過去の試合を例に挙げると、07年のミランとリバプールの一戦に近いような感じで。ヨーロッパの頂点を掛けた戦いというこの一戦の重みの割には両チームともどこか隙を残した雰囲気で、それが改善されないまま90分が過ぎて終わってしまった……という感じの試合でした。


■バルセロナについて

今期2度目の対決となった3月のクラシコでも思ったのですが、今のバルセロナの中盤は他チームと比較してもそれほど図抜けた構成にはなっていません。むしろマドリーの中盤の方が豪華なくらいで、試合の内容としてもマドリーがボールを保持して相手を崩す意図が強かったのに対しバルセロナはカウンターの意識を強めるなど、一昔前の両者のサッカーが逆転したかのような光景がそこにはありました。更には組織よりも選手達個々の実力を重視したり、そしてその結果として自分たちが実力で上回っているという自意識から来る緩い態度も、かつてマドリーから何度も感じたものと同質だったと思います。

この試合でも、バルセロナは後方からのビルドアップに苦労します。更に攻守の切り替え時にも、数的有利な状況でボールを持つ相手選手を囲みながらもボールを奪えないなど、ペップ監督時代なら考えられないような場面がちらほらありました。失点数は少なくとも守備に問題を抱えているという点はペップ時代と同様ですが、それも詳しく見てみると明らかな違いがあります。ペップのサッカーは特に守備において相当に緻密で、数多くの約束事があり、避けるべきプレイを徹底していました。彼のチームの守備が時に脆さを感じるのは、点を取る為に攻めに掛かったが故のもの、つまり主体的にリスクを負う決断をしたが故の当然の帰結である事が多かったと思います。一方で今のチームは守備においても個人が目立ち、不用意に勝負に出て裏目に出る場面などが多く見られました。そして、かつてはプジョルやバルデス、今はマスチェラーノやピケやキーパー(リーグ戦はブラボ、カップ戦はシュテーゲン)が個人として踏ん張って失点の危機を回避している点は共通と言えるでしょう。

とはいえ、多くの人が勝因として語っているであろう前線の3人の存在が、このチームをライバルとは別格の位置に押し上げています。今のバルセロナを相手に、例えば前線から激しくプレスを掛けても、或いは中盤で激しいボールの奪い合いを挑んでも、それなりに勝算が立ちます。実際にこの試合のユベントスもそうした行動に出て概ね良好な結果を出せていたと思います。しかし。

チームとしての勝負所を相手のDF陣に、あるいは相手の中盤に置いた時、どうしても味方の守備陣は手薄になります。守備の選手達の実力がどれほど優れていても、チームが前のめりになって最終ラインにフォローに来る人の数が比較的に少なくなってしまうと、危ない場面を作られる可能性が高まります。ましてや、メッシ、スアレス、ネイマールという南米3トップが相手であれば、自分たちにミスがなくても規格外のゴールを決められて不思議ではありません。では引き籠もるべきなのか?しかしそれも、点を取ってリードした状況ならともかく、相手ゴールから自主的に遠ざかるだけでは勝ちに繋がりません。

結論として、今のバルセロナに挑むには、攻守においてかなり緻密に戦術を組み込まないと難しいと思います。一つの戦術に特化して挑む程度では彼らの攻撃力の前に敗れ去るのが必定です。現実に存在する彼らの隙を上手く突きつつ、自分たちの守備のほころびを少しでも減らすような方針で挑むべきで、彼らに対してフリーで打ち合いを挑むのは最も愚かな選択だと言えるでしょう。では、ユベントスの戦略は?


■ユベントスについて

キエッリーニの欠場は間違いなく大きな痛手だったと思います。それによって打つ手が少なくなったのは確かでしょう。彼のように、分の悪い勝負に挑んでも我慢を続ける事ができる選手がピッチに居れば、もう少し違った展開になっていたかもしれません。

この試合のユベントスは、相手のDF陣にまでプレスを掛ける守備を行う場面と、撤退してピッチ1/3で守る場面とを使い分ける意図がハッキリしていました。そしてボールを奪った際には、ポグバらがボールをしっかりキープして攻めに繋げるシーンが多々ありました。しかし、守備の際にあやふやなまま改善されなかった点もありました。

システム的には、4-3-1-2か4-4-2で守備を構築していたユベントス。更にはモラタやテベスを中盤に組み込んでほぼ4-6-0とでも表現できる形もありましたが、それらの使い分けが明確でなかったのが残念でした。メッシに対しては中盤の近い選手が常に当たりに行く方針で彼の単独突破はある程度防いでいましたが、その結果としてネイマールの居る逆サイドが手薄になりがちで、先制点の場面など多くのピンチを招く事になりました。また、相手のセンターバックは勿論ブスケツに自由を与える事が多かったのも手落ちと言って良いでしょう。2人のFWかビダルがブスケツを見るという約束事が結果的に各々の役割を曖昧にして、成果を出せていなかったのだと思います。

攻撃面では、サイドを抉ってからのマイナスのボールを、中央で撤退する相手守備陣の虚をついて止まった選手が合わせるシーンが印象に残っています。この試合のピルロはそれほど良い出来とは言えませんでしたが、しかし彼の存在故に、彼がDF陣の裏に出すボールのイメージがある故に相手DF陣の前にスペースができやすく、そこを突けていたのは良かったと思います。テベスの決定力が発揮されていれば試合はどうなったか分かりませんが、しかしそれは彼自身に原因があったと言うよりは、彼の役割を規定しきれず、時に中盤を助け時に前線に残るなど相手の状況に合わせてテベスを動かさざるを得なかった点が大きいかなと思います。

後半に同点に追いついて、チームには逆転の雰囲気が漂っていました。そうした勢いはとても大事なもので、下手に遮ると碌な事にならないのもまた事実です。しかし、今のバルセロナの攻撃陣を相手に、どちらが先に決勝点を挙げるかという勝負を挑んだ事は、ユベントスにとってこの試合の最大の敗因になったのではないかと思います。結果論と言えばそれまでですが、展開はどうであれ「勝ちに行くよりも、まずはとにかく120分粘れるように」という強い意志を選手達が共有して試合に臨んでいれば、更に見応えのある一戦になったのではないかと思ったのでした。


■結論として

戦術や采配という点ではそれほど楽しめる試合ではありませんでしたが、選手個々のプレイを見るという観点からは面白い試合だったと思います。両チームとも、来シーズンのチャンピオンズ・リーグでも結果を残せるだけの安定性には少し疑問を覚えるので、今のチームから来シーズンどう変わっていくのか、そうした変化を楽しみにしながら筆を置きたいと思います。

では、本日はこれにて。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

今大会の日本代表について。

残念ながらサッカー日本代表はグループリーグで敗退してしまいましたが、今回の戦いぶりについて素人目線から簡単に書き残しておきます。


■監督、選手、協会、そしてマスコミの責任について。

コートジボワール戦が始まる前にコロンビアがギリシャを3点差で破った事で、事実上の二位決定戦になると思われた第一戦。そこで敗れた事で全てが難しくなったのは確かですが、その後の報道には違和感を覚えるものが多かったので、まずはその話から。

端的に言うと、現場の問題点を指摘せず精神論を原因とするお馴染みの記事が多く、監督への掌返しが露骨な割に選手への批判は少なめ協会に対してはほぼ皆無というバランスの悪さが目立ち、有益な対案を出す事もなく「とにかく応援しましょう」的な思考停止の結論で終わるものが多数あったのが残念でした。
スポーツ報道が完全にテンプレ化している傾向はサッカーに限らない問題だと思うのですが、開幕前にマスコミが喧伝していた「ベスト8以上」という結果を求めるのであれば、報道にもそれ相応の内容が無いと無理ではないかなと思います。

次に協会についてですが、例えばキャンプ地と試合会場の距離や温帯から亜熱帯への移動といった問題点は開幕前から指摘されていた事で、それが代表選手達のコンディションにどこまで影響したのか、しっかり分析して欲しいところです。
更に第二戦後の「パワープレイ禁止を指示」といった報道が正しいのであれば、普通に考えると監督への口出しが過ぎると思いますし、仮に監督権限の一部を協会側が保持する契約だったとしても、その場合は今回の結果から監督が引き受けるべき責任の一端を協会が担うべきと考えられるので、きちんと総括して欲しいなと思います。


そして選手についてですが、大きな問題点として二点を挙げたいと思います。

一点目は、個人ではなく集団による連携で攻めるのが我が国の代表らしいプレイだと思うのですが、それが本番でなお不十分だった事。具体的には、ゴール前のスペースを大久保と大迫、本田と香川などが同時に使おうとしてかち合う場面だったり。ゴール前でニアとファーに別れるべきが、大迫と岡崎が同じサイドに飛び込んでいたり。香川にしろ大久保にしろサイドハーフが相手守備陣前の中央に入って来がちで、攻撃が手詰まりになった時に逆サイドの高い位置に選手が居ない為にサイドチェンジができず、結果として安易なパスを奪われカウンターを喰らう羽目になったり。ついでに守備の時にも、ゾーンから一人が釣り出された時のカバーが時々あやふやだったり。とにかく個々の選手が勝手な判断で動いているように見える事が多く、チームとしてのまとまりに欠けた印象だったのが残念でした。

二点目は、個人のプレイにおいて酷いミスが直らなかった事。一点目で少し触れた安易なパスを奪われる事もそれに含めて良いと思いますが、たとえ相手を押し込んでいても味方が前掛かりになった状況では、つまりボールを奪われる事をあまり想定していない状況で奪われてしまう事は、失点の大きなリスクになります。ましてや自陣での無理なプレイや相手へのプレゼント・パスなどは致命的で、確かにコロンビア戦は4失点の大敗でしたが、もっと点を奪われていても不思議ではなかったのが辛いところです。これらの悪癖がイタリア人監督の下でも改善できなかったのが残念でした。


最後に監督について。監督の仕事の範囲をきちんと認識した上で批評すべきと思うのですが、例えば今触れた「選手個々の守備の悪癖の改善」は代表監督の仕事と言えるのか?そもそも育成の責任ではないのか、と考える方が個人的にはしっくり来るので、これについては選手の責任と考えた方が良いと思っています。では、監督の責任とは?

ザック監督就任の時点で、彼の選手に妥協しやすい傾向は欧州サッカーに詳しい人たちの間では危惧する声がちらほらありました。選手の意見を取り入れた上で監督の色を出しチームとして仕上げてくれれば理想なのですが、現実には選手が強くなりすぎて把握しきれなくなる危険性も多々あり、残念ながら今回もそうなってしまったかなと思います。

協会について書いている時にパワープレイの話を出しましたが、巷では「それをするなら豊田やハーフナーを選べよ」と監督を非難する声がありました。しかし、過去の日本代表の親善試合を見ていた人なら同意して頂けると思うのですが、ハーフナーを投入しても彼にハイボールを蹴り込む事なく、彼を無視してパスで相手を崩す事に専念する代表の姿しか記憶に残っていません。ここで問題なのは、監督がパワープレイ向きの選手交代をして選手があからさまに無視した場合、その責を負うべきは監督か、それとも選手なのか?

ザック監督の責任を一点に凝縮するなら、まさにこの問題を明確にしなかった点にあるように思えます。つまり、それを自身の責任として引き受け選手に方針を徹底させるか、あるいは選手が求めるなら選手の責任、協会が求めるなら協会の責任だと彼らを尊重し明言した上で、自身の責任の範囲にある仕事に専念していれば、たとえ結果は変わらなかったとしても、チームとしての印象は違っていたのではないかなと思うのでした。


■試合における戦術の話

長くなったので具体的な采配については省略します。その上で一つだけ指摘しておきたいのは、結局最後まで、戦術的な幅が足りなかった事です。

開幕前に不安だったのは、攻撃的なチームを目指すという方針だけが金科玉条となって、リードを奪った状態で残り数分というケースで試合を終わらせる術に乏しいのではないか?という疑問でした。例えば細貝を入れて4-1-4で守る形などが考えられるわけですが、選手選考の時点でそれを自ら放棄して背水の陣を布いたように思えたのでした。

結果的には三試合とも残り数分の時点で、我らが代表は点を取らねばならない事態に追い込まれていました。そして攻撃を重視したはずのチームは、三試合で二点しか取れませんでした。

点を取る為の戦術は、大きく二つに分けられます。つまり自らボールを保持して主導権を握った上で相手の守備を崩す形と、相手のボールを奪ってカウンターで仕留める形です。今大会の日本代表は、前者を試み成功しませんでした。そして後者は、残念ながら試される事すらありませんでした。

最近の欧州クラブのサッカーを見ていると、これら多くの事を一定レベルで実行できないクラブは苦しいシーズンを送る事になります。最低限のポゼッションができる事、自陣で強固な守備網を構築できる事、時には前線から激しくプレスを掛けて相手を混乱させられるだけの連動性と運動量を備えている事、そして相手陣内からのショート・カウンターと自陣からのロング・カウンターをこなせる選手が居る事。

ワールドカップは既に試合の内容という点では、トップクラブ同士の試合より劣っています。しかしヨーロッパにおける最新の戦術的傾向などには敏感で、ほぼ連動していると考えて良いと思います。今回は堅守速攻型のチームが活きる展開になっていますが、先に挙げた複数の事ができないチームは、今後は厳しい事態に追い込まれると考えられます。日本代表の次の監督が誰になるのかは判りませんが、そうした流れをしっかりチームに反映してくれる監督にお願いしたいですね。


■そして精神論へ

精神論が個人的に好きでないのは、改善すべき点をすっ飛ばして精神論で話をまとめようとするからで、問題点を明らかにした上で最終的に精神論に至るのであれば異論はありません。

8年前のドイツの時にも思った事ですが、かつての日本代表の選手達、特にJリーグが始まって数年までの選手達は、自身の実力の至らなさを誰よりもまず自分自身が知っていました。おそらくそれ故に、彼らはワールドカップ初出場という夢を実現する為に、自分のできる事をやった上で足りない部分を頑張りで補おうと試みました。その姿勢が見ている人の心を打ち、サッカーを習慣的に見る事が少なかった層にも強い印象を与えたのではないかと思います。

一方で現在の代表は(8年前の代表も)、自身の能力を把握し切れていないように思えます。それが優勝といった過大な目標を掲げる事に繋がり、実際に優勝を狙える国との彼我の差を正確に認識する事を妨げ、そして第一戦で負けた後でさえ「突破の可能性がある限り前を向いて」云々と自己暗示のような事を言い続ける羽目になったのではないかと思ってしまうのです。

足りない部分を補う為に精神論で頑張るか、精神論が過分な目標に繋がって自分たちの実力との差を自ら広げてしまい墓穴を掘るか。精神の持ちよう如何で同じ実力でも結果が違ってくるわけですが、そして自分自身も後者のような事をしでかしがちなので偉そうな事は全く言えないのですが、願わくば前者のように地に足の着いた姿勢で大会に挑む代表の姿を見たいものですね。


■おしまい

という事で、今日はこれにて。

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

コートジボワール戦について。

負けた試合を振り返るのは嫌なものですが、四年に一度しか観戦できないお祭りを楽しむ為にも、次の試合に向けて注目すべき点を幾つか簡単に書き残しておきます。


■一番の問題点

攻撃的なサッカーという目標を掲げて臨んだ本番で、攻撃が機能しなかった事。それによって目を瞑り続けていた守備の問題をカバーし切れず、逆転負けに繋がった事でしょうか。


■攻撃について

内田は良い内容で長友も決して悪くはなかった一方で、特に逆転された後に本田・香川・遠藤で攻撃を組み立てられなかったのが辛かったと思いました。

厳しい事を言うと、本田と香川はパスのセンスが秀でているわけではなく、それぞれフィジカルを活かしたボールキープから味方をシンプルに使う形、スペースをいち早く見付けてそこにタイミングよく走り込む形が第一の長所だと思うのですが、両者とも妙にリスクの高い行動に出て失敗する形が多かったのが残念でした。

また、先制点が早すぎて前のめりになってしまった結果とはいえ、後半の勝負所でボールの持ち手も受け手も足が止まっていたのを見るのは、つまり組織ではなく個人で攻撃する形に陥ってしまった代表選手たちを見るのは辛い事でした。

遠藤についてはベテラン故に、周囲の動きが変わればプレイも改善されると期待できますが、本田と香川は難しい事に挑むのではなく、各々の長所を活かした攻撃の形を組み立てて欲しいなと思います。そして現代表で飛び抜けて得点力が高く、クラブでも最高の結果を残した岡崎に点を取らせる形を第一に優先して欲しいなと。


■守備について

攻撃と違って守備は方法論が確立していて短期間での改善も可能なので、次の試合ではまず守備の安定を見せて欲しいと思います。大きな課題は二つで、サイドの守備の問題と、セカンドボールへの対応です。

まず、左サイドの守備が試合を通して崩壊していたのを何とかしない事には始まりません。この試合の中で試した本田トップで香川トップ下が機能しなかった以上、4-4で堅固な守備を構築するには、香川に守備でも走り回ってもらうか、大久保を先発で起用して香川をスーパーサブとして使う手が考えられます。本田を外す手も無くはないですが、セットプレイを考えると遠藤と本田の両者を外す選択は難しく、遠藤が先発ではやはり守備の強度が落ちるだけに難しいかなと。長友を一列上げて酒井を使う手も方法論としては魅力的ですが、実際に機能するかは未知数なのが辛いところ。

また、この試合ではセカンドボールを相手に拾われる率が高く、それが体力の消耗に繋がったと思います。これへの対策は言うは易くなので現実にどれだけできるか分かりませんが、とにかく負けても良いからボールを競りに行く事と、ボールのこぼれる先を予測して走る事でしょうね。

これを一言でまとめると、オシム元監督の口癖であった「考えて走れ!」になるわけですが、サイドの守備でもシステムに人を当て嵌めてそれを単純に入れ替えるだけでは機能しないわけで。選手を配して守備の形を整えて、そして彼らが相手にフリーでボールを上げさせないよう動いて初めて守備の構築が完成するという当たり前の事を、選手たちには行動で示して欲しいと思います。


■まとめ

グループリーグ突破の可能性は、無くはないものの極めて低いのが現実です。少なくとも次のギリシア戦では勝たなくてはなりません。そして勝つためには点を取らなければなりません。しかし。

サッカーにおいて攻守はかなり流動的なもので、一方のみに偏重しても必ず破綻します。人数をかけて引き蘢る戦術を選択するならば、同時にカウンターの牙を磨く事を忘れてはならず。ボールを保持して攻撃の主導権を握る戦術であれば、同時に相手のカウンターの芽をいかにして摘むかを考えておかなければなりません。

今回の大会は逆転負けの展開がとても多く、点を取るだけでは勝ち切れない現実が如実に示されています。同時に、ボールを保持して試合の主導権を握る、いわゆるバルセロナ式のサッカーがクラブレベルで既に研究し尽くされていて、この大会でもボールを相手に持たせる方が有利になりやすい傾向が見て取れます。しかし。

我らが代表が堅守速攻ではなくボールを保持して試合の主導権を握る方針を表明してそれに沿った選手選考をした以上は、攻撃的なサッカーを最後まで追求して欲しいと思います。ただしそれは守備の努力を放棄する事とは同義ではなく、守備面においての対策を整えた上で、満を持して攻勢に出る選手たちの姿を見せて欲しいなと思うのでした。


以上、今日はこれにて。